企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ServiceNow、企業全体の生産性を高める、AIとアナリティクスを備えたNow Intelligenceを発表

(2020/3/13)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ServiceNow Japan株式会社

- Now Platformの最新バージョン「Orlando」により、ワークフローがよりスマートに - Adobe、Deloitte、Equinixなど業界のリーダーがNow Platformを活用してデジタルトランスフォーメーション(DX)を強化


※本資料は、2020年3月11日(米国時間)付けで、米国ServiceNow, Inc. が発表した報道資料の抄訳版です。

【2020年3月11日(米国時間)カリフォルニア州サンタクララ発】:最新のデジタルワークフローを使って人々により良い働き方を提供するServiceNow(NYSE:NOW)は本日、強力なAIとアナリティクス機能からなる“Now Intelligence”を搭載する「Now Platform」 の最新バージョン「Orlando」 を発表しました。Now Intelligenceを利用することで、従業員はよりスマートかつ迅速な業務の遂行、ビジネス上の意思決定の合理化、新たな段階の生産性の実現が可能になります。

世界的に、いかなる企業も顧客や従業員に素晴らしい体験をしてもらうことに注力してきました。素晴らしい体験の陰には素晴らしいワークフローがあります。ServiceNowの出番はまさにその点にあります。Now Intelligenceを搭載したNow PlatformはServiceNowが先駆者の地位を確立した企業向けの実用的なAIとアナリティク機能です。Now Intelligenceにより、従業員は迅速かつ容易に意思決定を行い、問題を解決し、回答を見つけ、業務を自動化できるようになります。つまり、職場環境をシンプルかつ簡単で、より便利にすることができます。

ServiceNowは、「Fortune 500」の約80%を含む、世界の大規模企業の戦略的デジタルトランスフォーメーションパートナーです。これらの企業は、Now Platformを「プラットフォームのプラットフォーム」として活用しており組織全体でサイロ化されたレガシー・システムを統合し、複雑なワークフローとプロセスをデジタル化することで、業務の合理化を図っています。Adobe、Deloitte、Equinix、Red Hat、Nutanix、UnitedLex、whyaye!、Acorio、Autotestpro、HighmetricではNow Platformを使用して企業内のデジタルトランスフォーメーションを強化しています。

ServiceNowの最高製品責任者 (Chief Product Officer)のチランタン・CJ・デサイ(Chirantan “CJ” Desai)は、次のように述べています。「人々は、今日のソフトウェアが求めるようなやり方ではなく、自分の望むやり方で仕事ができるようになるべきです。強力な新しいAIとアナリティクス機能を提供するNow Platform の最新バージョンOrlandoによって、人々が仕事をよりスマートかつ迅速に処理できるようになります。、この追加されたインテリジェンス機能は、インサイトやレコメンデーションを介して問題を予測しながらビジネス上や顧客の問題を予め解決し、最終的により良いビジネス上の意思決定ができるようになります。Now Platformに搭載されたNow Intelligenceはワークフローをスマートにして優れたユーザー体験とより多くの生産性を従業員と顧客の双方にもたらします。」

Orlando公開により、ServiceNowは企業全体で引き続き顧客向けのモバイル体験を提供します。そしてNow IntelligenceではNow Platformが素晴らしい体験を提供します。その機能は以下の通りです。

作業のスマート化と迅速化:チームがその場で行動できるように、コンテキストに応じた推奨や予測、洞察を自動的に提示します。
より優れたセルフサービス機能:あらゆるチャネルで常に利用可能なインテリジェントな仮想エージェントにより、顧客と従業員は必要なものを迅速に入手し、行動を起こせるようになります。
高度な問題予測およびアクション自動化機能:Now Platformに完全に組み込まれた仮想エージェントにより、顧客と従業員は、時間や場所を問わず、迅速な解決を求められるリクエストを自動化することで、動的な対話を通じてワークフローを開始し、解決策を得ることができます。
ビジネス上の意思決定のサポート:組織のすべてのレベルで透明性と整合性を高め、チームとプロセス・オーナーに、リアルタイムのパターン(傾向)とトレンドに関する意義ある情報を提供します。その結果、より多くの情報に基づいた意思決定が可能になり、改善すべき分野を迅速に特定することができます。

Now Platform の最新バージョンOrlandoは、ServiceNowのIT担当者、従業員、および顧客のワークフローにアナリティクスを提供し、インテリジェンスとモビリティのソリューションを高めます。その中でも重要なイノベーションは、以下となります。

アナリティクス・ソリューションズ


クラウド・インサイト:業務時間内のクラウド利用状況の管理、適切なリソースの選択、利用ポリシーの適用に関するインテリジェントな推奨を提示することで、ITチームのクラウド資産のコストを最適化できます。
先進のリスクアセスメント(リスク評価):第一線に立つ組織のチームは日常業務のさまざまなリスクを容易に評価できるようになるため、他のチームはビジネス全体にわたる運用上のリスクやその他のリスクを分析および管理する際に、変化に効果的に対応できるようになります。
ソフトウェア脆弱性評価:セキュリティチームとITチームは、脆弱性のあるソフトウェアと関連デバイスおよびサーバを即座に特定し、標準的なITワークフローを通じて迅速に変更を加えることで、ゼロデイ脆弱性の潜在的な影響を最小限に抑えることができます。

インテリジェンス・ソリューションズ


作業割当におけるエージェント親和性:カスタマーサービス・チームは、インテリジェントなコンテキストを使用して最適なエージェントに作業を割り当てることができ、顧客満足度を向上させることができます。作業を割り当てることができるエージェントには、常に特定の顧客にサービスを提供する特定のチーム、以前にその顧客にサービスを提供したことのあるエージェント、または関連タスクの経験があるエージェントが含まれます。
自然言語を理解する仮想エージェント:Now Platform の「Madrid」バージョンと「New Yorkバージョン」で発表されたイノベーションを継続的に進化させ、自然言語理解(NLU)モデルの作成と保守を容易にします。
CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー):選択的コミットや衝突回避による開発者コラボレーションの強化や、開発期間を短縮する簡潔なデプロイメント・プロセスなど、チームによる標準DevOpsツールを使ったオン・プラットフォームの大規模な開発をサポートします。

モビリティー・ソリューションズ


モバイル・エージェント機能の強化:ネイティブなモバイル体験を提供することで、サービスデスクのエージェントとオペレーターは任意のデバイスを使用していつでも問題を解決できるようになります。これらの機能は、ITSM、ITOM、およびフィールド・サービス管理ソリューションで利用できます。
モバイル・ブランディングとアナリティクス:採用応募者、新規採用者、従業員が最もよく利用する自社サービスを、従業員との関係をより密にして、アナリティクスを使用することで顧客ブランドの環境でNow Mobileの企業体験を設定することができます。
モバイルを対象としたキャンペーン(目的別アプローチ):部署や職種などのプロファイル情報を使用して、重要で関連性のある情報(課税期間 、サイトの更新、地域のITイニシアティブなど)を、モバイル・デバイスを介して従業員に提供します。従業員のコミュニケーションに対する、この積極的なアプローチにより、従業員満足度が向上し、サービスデスクへの問い合わせの減少が期待できます。

ServiceNowはNow Platformを延長してDevOPsパイプラインを管理し、ITオペレーションに関わる開発者が新たな見識を受け入れ、マニュアル作業で時間のかかる変更承認過程をオートメーション化します。このことで顧客は安全性を保持したままより迅速にオフ・プラットフォームでリリース機能を開発できます。当初はServiceNowストアでしたか購入できなかったServiceNowのDevOpsは現在Orlandoの一部として提供されるようになります。

IDCのコグニティブ・AIシステム担当リサーチ・ディレクターのデイブ・シュメール(Dave Schubmehl)氏は次のように述べています。「企業がデジタルトランスフォーメーション化を続ける限り、分散された部署を繋げるための適応化実行ツールが必需品となります。エグゼクティブがより実践的にAIを業務に取り入れる方法を模索し続ける必要があります。それにより企業全体の業務の効率性を高めるだけでなく増え続けるエンドユーザーの要求を満たすことになるでしょう。」

提供開始時期
Now Platform の最新バージョンOrlandoは本日より提供を開始します。ServiceNow Now Agent、Now Mobile、ServiceNow Onboardingの各アプリは、Appleの iOS ストアと Google Play ストアからダウンロードできます。詳細は、URL: http://www.servicenow.com/now-platform/latest-release.htmlをご確認ください。

ServiceNowについて
ServiceNowはITから人事、セキュリティ、カスタマーサービスまで企業全体の定型業務プロセスを簡素化、自動化するシングルプラットフォームNow Platform(R)を中核として、企業向けのクラウドサービスを提供しています。世界中の企業が、多様なニーズに合わせてカスタマイズ可能なサービスポータルやワークフロー、機械学習などの機能を活用することで、デジタルトランスフォーメーションを推進し、従業員や顧客に優れた体験を提供しています。詳細は https://www.servicenow.co.jp/ をご確認ください。

ServiceNow、ServiceNowのロゴ、Now、その他の ServiceNowマークは米国および/またはその他の国におけるServiceNow, Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名と製品名は、関連する各会社の商標である可能性があります。

一般のお問い合わせ先
ServiceNow Japan株式会社
Tel: 03-4572-9200(代表)
お問い合わせフォーム: https://www.servicenow.co.jp/contact-us-request-info.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる