企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

高輪ゲートウェイ駅(通常非公開エリア)で自動追従ロボットによる移動サービス実証実験を実施

(2020/7/10)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:パナソニック

高輪ゲートウェイ駅(通常非公開エリア)で自動追従ロボットによる移動サービス実証実験を実施


自動追従走行するロボティックモビリティ
パナソニック株式会社、パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社(以下、2社あわせて「パナソニック」)は、JR東日本グループと共同で、2020年3月に開業したJR山手線・京浜東北線の新駅・高輪ゲートウェイ駅において2020年7月から2020年9月(予定)まで、ロボティックモビリティ(ロボット電動車いす)の自動追従走行による移動サービスの実証実験を実施します。

東日本旅客鉄道株式会社は、高輪ゲートウェイ駅を新たな国際交流拠点の玄関口として最新の駅サービス設備の導入や実証実験を進めています。その一環として、より安全な駅環境づくりのため、大型再開発計画「品川開発プロジェクト(第I期)」の2024年度のまちびらきを見据えて、駅および駅周辺施設で利用できるロボットサービスの導入を目指しています。

本実証実験で使用するパナソニックのロボティックモビリティは3台で、先頭の1台を係員が操作し、その後を1台ずつ自動で追従走行します。高輪ゲートウェイ駅の通常非公開エリアにおいて「Partner Base Takanawa Gateway Station」(※)へ訪れる方に対して、安全で効率的な移動サービスを提供します。太陽光が差しこむ半屋外環境下でのサービスの有用性を検証します。
ロボティックモビリティは障害物を検知すると減速または停止する「自動停止機能」と、先行機体に追従する「自動追従機能」を有しています。追従走行中のロボティックモビリティの間を人が横切ると、後方のロボティックモビリティはセンサが検知して自動で一時停止し、人が通り過ぎたことを認識すると再び追従走行を開始します。
将来的には自律走行と追従走行を組み合わせたロボティックモビリティを活用することで、「新しい生活様式」を見据えた無人での移動サービスの実現を目指します。

パナソニックは、快適で安心な移動サービスの提供だけでなく、複数人が移動できるという特長を生かしたファミリーやグループ向けの回遊サービスといった、新たな価値提案につながるロボットの開発を推進していきます。また世界で拡大するMaaSへの活用も視野に引き続きロボット技術で新たなまちの価値創造に貢献していきます。

※ 品川開発プロジェクト(第I期)における、パートナーとのまちづくり共創拠点。通常非公開。

<関連情報>
・[パナソニック トピックス] 空港で自動追従電動車椅子の実証実験を実施(2019年5月16日)
https://news.panasonic.com/jp/topics/165730.html

・パナソニック 空港でロボティックモビリティ(自動追従電動車いす)の実証実験を実施(2019年5月31日)
https://channel.panasonic.com/jp/contents/26240/
https://www.youtube.com/watch?v=Mg876ukfIoI


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる