企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ソリトン、静岡県主催の自動運転プロジェクトに参画

(2020/8/7)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ソリトンシステムズ

ソリトン、静岡県主催の自動運転プロジェクトに参画

- 下田市での自動運転小型バスの遠隔監視・運転システムを担当 -


 株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、この度、静岡県が運営する自動運転実証実験事業「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」(注1)の連携企業として、下田市の公道で実施予定の実証実験に参加します。
 この実証実験で、ソリトンは、下田市内を自動運転する小型バスの走行状況、車内状況を、市外に別途設置された運用センターから監視し、またその小型バスを同センターから遠隔で運転制御できるシステムを提供します。

 現在、各地で実証中の自動運転では、路上駐車の追い抜き判断、歩行者の車道横断振る舞いの判断など、システムのみでは情況判断が難しいケースが多く発生し、また、システムの制御能力自身を超える事象が生ずることもあります。このため、現行の自動運転走行ではドライバーが運転席で常時待機するよう義務付けられています。

 ソリトンが開発を進めてきた遠隔監視・運転システムは、この課題の解決を狙い、通信によって車外から同時に複数台の自動運転車の走行状況等を監視把握し、人間の操作が必要となった自動車には、運転操作を車外の運転手が遠隔から行うものです。ドライバーの無人化を早期に実現できる方式として、今、この遠隔システムへの期待が高まっています。

 ソリトンによる下田市における実証実験では、本年中に、運用センターを市外に設置し、ここから複数台の自動車の走行状況、車内情況を監視するとともに、センターから車外歩行者、対向・後続車向けに拡声、情報表示を行い、また車内乗客との通話を可能とします。
 さらに、遠隔運転システムにはソリトン製品である映像デジタル処理時間40ミリ秒を実現した超短遅延映像伝送装置Smart-telecaster Zao-SH(注2)を組み込みます。これにより、標準のモバイル回線(LTE)適用の下でも車両~センター間トータルの映像遅延時間が大幅に短縮され、あわせてこれらの回線を複数の通信事業者間で同時多重することにより、センターからの遠隔運転の安全性を飛躍的に高めます。

  ソリトンは、超短遅延映像伝送装置Smart-telecaster Zao-SHをベースに、サイバーセキュリティ対策、信頼性対策を施した遠隔操縦、遠隔制御システムの開発を行っています。
 その最も有力な分野である遠隔運転では、公道のみならず、空港、工場構内、工事現場、農地などのいわゆる閉域領域における遠隔運転ニーズが特に高まっており、これまでの公道走行車両に加えて、各種自動車、建機、農機などへ遠隔運転の適用を一層推進していきます。

(注1) 「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」
静岡県が主導し、産学官合同で進める自動運転を中心とした社会実験プロジェクト。
2018年から2024年までの期間を予定。下田市を含む静岡県4地域での実証実験が計画されている。
現在、参加の連携企業・大学はソリトンを含め13社・2大学。
本プロジェクトの目的は以下。
・自動運転等の最新技術を活用した移動サービスの導入による地域交通の課題解決の検証。
(運転手不足、過疎地域等高齢者への移動支援、公共交通ICT可等への対応)
・EV等、次世代自動車及び自動運転車両の研究による静岡県内企業の技術開発を促進。

(注2)超短遅延映像伝送装置「Smart-telecaster Zao-SH」
モバイル回線を使って高品質な映像をリアルタイムに安定伝送する「Smart-telecasterシリーズ」の最新モデルであるZao-SHは、独自のH.265エンコーダと伝送プロトコル"RASCOW2"を搭載することで超短遅延伝送が可能です。映像と音声に加えて制御信号の伝送もサポートしており、より安全な遠隔運転の実現に寄与します。
・製品ページ https://www.soliton.co.jp/lp/zao-sh/



図: 下田市での実証実験における遠隔監視・運転システム構成


*遠隔運転システムにより、東京設置のコクピットから名古屋地区の自動車を遠隔運転する実車映像はこちら






【株式会社ソリトンシステムズについて】
設立以来、ソリトンシステムズは IT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティからサイバーセキュリティ対策製品まで、また、携帯電話回線4G、5GやWi-Fiを利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システム、リモートドライブなどに取り組んでおります。
設立:1979年、売上155億円(2019年12月期・連結)、東証1部
HP:https://www.soliton.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/soliton.s/
Twitter::https://twitter.com/soliton_jp

【Smart-telecaster Zao-SHに関する問合せ先】
株式会社ソリトンシステムズ 映像コミュニケーション事業部
Tel: 03-5360-3860 stc-sales@list.soliton.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる