企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

エンドポイント・ログ収集ソフト「InfoTrace Mark II」を機能強化、新版、V3をリリース、サイバー脅威ハンティングの自動化に対応

(2020/9/29)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ソリトンシステムズ

エンドポイント・ログ収集ソフト「InfoTrace Mark II」を機能強化、新版、V3をリリース、サイバー脅威ハンティングの自動化に対応


 株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫 以下ソリトン)は、自組織内のサイバー攻撃を見つけ出す「脅威ハンティング」の自動化に対応した、EDR(*1)のためのツール「InfoTrace Mark II」の新バージョン、V3を開発し、来月、10月1日からリリースします。

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、在宅勤務が普及し、クラウドサービスの利用が多くなりました。エンドポイントの環境も変わり、そのセキュリティ対策とその管理が極めてCriticalなものとなっています。一方、日々増え続けるサイバー脅威に対抗するため、業界内や企業グループ内で確認されたマルウェアのハッシュ値などの脅威情報を共有する取り組みが進んでいますが、受け取った脅威情報を基に自社内の感染状況を確認するプロセスが実に複雑です。

 (1) 国際標準規格であるSTIX/TAXII(*2)に対応。STIXで記述された脅威情報をTAXIIにて受領し、端末の侵害有無をチェックする「脅威ハンティング」の自動化に対応しました。これにより、脅威情報を活用した感染チェックや、該当端末のネットワーク隔離、当該ファイルの実行禁止までを自動化することができます。

(2) 端末の管理面での機能強化も実現しています。セキュリティパッチや導入ソフトウェアなどのインベントリ情報の取得、端末への任意ファイル転送やコマンドの実行など、 EDR運用に役立つ端末管理機能を標準搭載しました。さらに、国内でも感染を広げるマルウェア「Emotet」の感染確認に役立つOffice文書ファイルのマクロ有効化の記録など、証跡ログを増やしています。新版V3は、運用負荷をも軽減しています。

 この InfoTraceは、2004年にソリトンにおいて開発がスタート。端末のOS周りの、カーネルレベルの活動を収集、記録する3つのモジュールからなる大きいシステムです。今日一般化しているOS メーカーによるEventlogが出現する頃、ソリトンは独自に対応するものを開発。標準Eventlogを超える種類のデータをも集める特徴を内在しています。InfoTraceはその後、サイバー攻撃、内部不正を意識したものに発展しています。InfoTraceは「Security Incidentの原因究明の基礎データ」のみでなく、「事実の記録」そのものを提供します。

 最近のサイバー攻撃の中には、エンドポイントによって把握できないものも現れ、EDR以外の情報も必要であるという意見も提唱されています。このEDR:InfoTraceとネットワークのパケットも調べるNetwork Knowledge(AI機能内蔵のSoliton NK)が連携されることが期待されます。一方の「事実の記録」そのものは、今後、公官庁や自治体で重要になると予想されます。

※1 EDR(Endpoint Detection and Response)とは、エンドポイント(端末)でサイバー攻撃を検知し、いち早く対応するソリューション。
※2 STIX (Structured Threat Information eXpression)は、サイバー攻撃を特徴づける指標(IoC; Indicator of compromise)を記述する技術仕様。TAXII (Trusted Automated eXchange of Indicator Information)はSTIX等の脅威情報を交換する手順。


            図1: InfoTrace Mark II V3.0での脅威ハンティング自動化 概要


■InfoTrace Mark II V3.0の主な特長
・ STIX/TAXIIによるサイバー脅威ハンティング自動化
・ インベントリ情報の取得や、ファイル転送・コマンド実行などの端末機能の標準搭載
・ マルウェア感染を引き起こすOffice文書のマクロ有効化の記録
・ メールログ、DNSクエリログなどのログ強化

InfoTrace Mark II V3.0
【提供開始】 2020年10月1日
【製品ページ】 https://www.soliton.co.jp/lp/itmk2/

【株式会社ソリトンシステムズについて】
設立以来、ソリトンシステムズは IT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティからサイバー対策製品まで、また、携帯電話回線4G、5GやWi-Fi を利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システム、リモートドライブなどに取り組んでおります。国産メーカーとして、オリジナルの「もの創り」、「独創」にこだわった製品とサービスを提供しております。
設立:1979年、売上155億円(2019年12月期・連結)、東証1部

HP: https://www.soliton.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/soliton.s/
Twitter:: @soliton_jp

【 InfoTrace Mark II V3.0に関する問合せ先 】
株式会社ソリトンシステムズ ITセキュリティ事業部
Tel: 03-5360-3811 netsales@soliton.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる