企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

東海エリア初拠点「!センター名古屋」2020年10月8日(木)設立

(2020/10/8)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:RPA テクノロジーズ株式会社

デジタルレイバーの大衆化を目指し、RPA人材育成のための研修所を全国に開設 「BizRobo!」を中心としたデジタル技術の開発者育成へ

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、株式会社シイエム・シイ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長: 佐々 幸恭、以下「シイエム・シイ」)と共同で、全国規模のRPA大衆化を目指し、RPAソリューション「BizRobo!」を中心とした、デジタル技術の開発者育成研修所となる「Exclamation Center powered by BizRobo! (通称:!センター)」を展開することを決定し、東海エリア初拠点となる「!(びっくり)センター名古屋」を本日、10月8日(木)に設立いたしました。


■設立背景と趣旨
 現在、日本国内においては、労働人口の減少により、働き方改革にともなう生産性向上・業務効率化の一手段としてRPA導入を推進する企業が急増しています。しかし、RPAを導入し活用を促進するにあたって、RPAの開発やこれまでの慣例的な業務の中でどのように活用すれば良いかが分からず、思うように活用が進まないケースが多くありました。

 RPAの大衆化を成功させるには、現場で適切に扱い、業務プロセスの改善を図ることのできる人材が重要であると言われております。現に「BizRobo!」を活用し、業務現場の従業員が意欲的にRPAを開発・推進をする「現場スケール型」を採用する企業は、RPAスケール時の課題を突破し、RPAによる成果を積み上げています。

 RPAテクノロジーズでは、「現場スケール型」のトレーニングメソッドで数多くのプロジェクトを立て直し、飛躍的成功に導きました。この実績に基づいた「現場スケール型」の可能性を、労働人口減少問題がより深刻な各地方へ提供し、RPAをはじめとしたデジタル技術を活用できる人材を育成するため、『!センター』の全国展開を進めております。

 今後は名古屋から東海エリアへのBizRobo!ユーザーの拡大とデジタル人材の増加に向けた、既存ユーザーの更なるスキルアップを目指し運営をしてまいります。

■「Exclamation Center powered by BizRobo! (通称:!センター)」プログラム内容
「BizRobo!」を活用したRPAの開発研修だけではなく、ユーザー同士の交流や高度技術の体験を通じて、拠点となるエリア企業のデジタルトランスフォーメーション人材の育成を促進し、デジタルレイバーを活用した新たな地方創生モデル構築に繋がる場所となることを目指します。

■「!センター名古屋」施設概要
申し込み方法:https://reserva.be/rpa_nagoya
住所: 〒460-0015 名古屋市中区大井町7-9 CMC GROUP NAGOYA BASE 4F
問い合わせ窓口:株式会社メイン 担当 村松

■エンドースメント
・株式会社シイエム・シイ 代表取締役社長 佐々 幸恭

「!センター名古屋」設立を心より歓迎いたします。CMC GROUPは長年のマニュアル制作で得た業務標準化のノウハウを生かし、RPA導入効果を最大限発揮できる支援を提供してまいります。少子化による人財不足、また「働き方改革」への対応が求められている今、お客様の課題解決に直結するサービスを提供できると確信しております。

【会社概要】
■RPAテクノロジーズ株式会社について (https://rpa-technologies.com/)

・本社所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
・設立   :2013年7月
       クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
       オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572東証一部)
       より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者  :代表取締役 執行役員社長 大角 暢之
・資本金  :3,000万円
・事業内容 :コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに
       輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供
       サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

■株式会社シイエム・シイについて(https://www.cmc.jp/
・本社所在地:名古屋市中区平和1-1-19
・設立   :1962年5月25日
・代表者  :代表取締役社長 佐々 幸恭
・資本金  :6億5,761万円(2019年9月期)(単体)
・事業内容 :マーケティング支援事業、システム開発事業他

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる