企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

木造の寺院・神社の建築を専門に扱う有限会社大浦社寺建築社の本社・工場にハチドリ電力の電気を提供 ~CO2ゼロの自然エネルギーで地球温暖化防止に貢献~

(2020/10/12)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社ボーダレス・ジャパン

木造の寺院・神社の建築を専門に扱う有限会社大浦社寺建築社の本社・工場にハチドリ電力の電気を提供 ~CO2ゼロの自然エネルギーで地球温暖化防止に貢献~

株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)の提供する電気サービス「ハチドリ電力」は、木造の寺院・神社建築を専門に設計・施工を行う有限会社大浦社寺建築社(本社:福岡県太宰府市、代表取締役社長:大浦与一)とコラボレーションし、本社・工場に電力を提供します。CO2ゼロの実質自然エネルギー100%で、火力発電により排出されていたCO2を削減し、地球温暖化の防止に貢献します。




【有限会社大浦社寺建築社がハチドリ電力に切り替えた理由】

弊社は樹齢300年程度の木の命をいただいていて寺院や神社の建築を行なっているため、地球環境を持続的なものにしていかなければならないという責任を感じています。これまで環境問題に対する漠然とした危機感や関心はあったものの、会社として具体的な行動はできていませんでした。電気を変えるだけで地球環境に貢献できるのなら本当にありがたいことだと思い、ハチドリ電力への切り替えを決めました。



【電気代の1%で「子どもの貧困・教育」のカテゴリーに該当する全団体を支援】

ハチドリ電力は、NPOやNGOをはじめとした社会活動に取り組んでいる個人・団体と広く提携をしています。2020年10月12日時点で、子どもの貧困や教育、社会福祉、まちづくり、自然環境の保護、動物愛護、男女平等など様々な社会課題に取り組む計41団体と提携しています。

大浦社寺建築社は「子どもの貧困・教育」のカテゴリーに該当する全団体( https://hachidori-denryoku.jp/list_cat/categories/category1/ )を支援先として選択しています。


<「子どもの貧困・教育」のカテゴリーを支援先に選んだ理由(有限会社大浦社寺建築社 大浦与一氏のコメント)>

教育が1番大切であると考えています。私たちは日本独自の建築を扱っていますが、自分の国の文化やルーツを知ることが、ひいては世界のためになるのではないかと思います。世界中の多様な文化や歴史を大切にすること、その多様性を尊重することが、究極的には世界の平和のためになると信じています。私たちはこれからも日本の美しい風土を守り、その上で、多様な文化が尊重される社会を実現していきたいと考えています。そのためには、やはり自分たちの文化とルーツを知ることが大切だと思いますし、このような意味でもやはり教育が非常に重要になってくるのではないかと感じ、電気を通じた支援先として選択しました。


【ハチドリ電力について】

ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービスです。地球にやさしい電気だけでなく、社会問題に取り組むNPOやNGOにお金が回る仕組みを提供しています。

特徴その1.
電気を使っても地球環境に負担をかけません

非化石証書(FIT)を供給電力全量分購入することで、実質的に「100%自然エネルギー由来」「CO2排出量ゼロ」の電気を提供します。

特徴その2.
電気を使うほど自然エネルギーの発電所が増えます

電気料金の1%は自然エネルギー基金になるため、ハチドリ電力を使うほど自然エネルギーの発電所が増える追加性をもった仕組みです。(電気料金1%相当額を電気料金とは別に寄付)

特徴その3.
電気料金の1%があなたの選んだ社会活動に寄付されます

電気料金の1%を支援したいNPOなどに寄付します。活動報告により支援者は団体の活動を詳しく知ることができます。(電気料金1%相当額を電気料金とは別に寄付)




▼ハチドリ電力WEBサイト
https://hachidori-denryoku.jp/


<大浦社寺建築社 会社概要>

会社名:有限会社大浦社寺建築社
設立:1982年10月
本社:福岡県太宰府市大字北谷344番地3
資本金:800万円
代表者:代表取締役社長 大浦 与一

▼大浦社寺建築社の公式サイト
http://ourashaji.com/


<ボーダレス・ジャパン 会社概要>

会社名:株式会社ボーダレス・ジャパン
設立:2007年3月
本社:東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役社長 田口 一成

▼ボーダレス・ジャパン公式サイト
https://www.borderless-japan.com/

▼ハチドリ電力WEBサイト
https://hachidori-denryoku.jp/


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ボーダレス・ジャパン
ハチドリ電力 事業
広報 小野悠希
TEL:092-402-1115
E-mail:customer(ここに@を入れてください)hachidori-denryoku.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる