企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

空気の振動も表現する迫力の重低音×暖かみのあるデザイン手軽に持ち運びができるBluetoothスピーカー「FUN BASS」を発売

(2020/12/3)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社Sandlots

空気の振動も表現する迫力の重低音×暖かみのあるデザイン手軽に持ち運びができるBluetoothスピーカー「FUN BASS」を発売

快適な音楽ライフを演出する、コストパフォーマンスに優れた良質なスピーカー

“今日は、もっとたのしくできる”をコンセプトに、プロジェクター・スピーカー等のガジェットを扱うブランド「FunLogy」を運営する株式会社Sandlots(本社:千葉県千葉市、代表取締役:植村祐貴)は、重低音の音質を追求することで実現した、高音質Bluetoothスピーカー「FUN BASS」を発売しました。




Bluetoothスピーカー「FUN BASS」

サイズ:15.0×27.6×15.6cm

付属品:AUXケーブル、電源コード、取扱説明書


商品ページ:https://item.rakuten.co.jp/entamefactory/fun_bass/


「FUN BASS」の特徴は、重低音の豊かな広がりと、部屋にマッチする優れたデザインです。

手軽に持ち運びができるため、場所を問わずどんなシーンでも使うことができます。


・部屋での音楽鑑賞

・テレビの音響強化

・ホームパーティのBGM

・屋外イベント(BBQ、庭キャンプ)


使い方は人それぞれで、アイデア1つで、そのイメージは大きく広がっていきます。



「今日は、もっとたのしくできる」

というFunLogyのブランドコンセプトを体現した、理想的な製品が誕生しました。

「FUN BASS」をできるだけ多くの人に、ご愛顧いただければ幸いです。


響き渡る迫力の重低音

「FUN BASS」の特徴は、思わず耳を傾けてしまうパワフルな高音質です。

空気の振動をも再現することができる、非常に幅の広い音域を持っています。

一般的な小型スピーカーの場合、低音だと60Hzまでのものがほとんどです。

「FUN BASS」がカバーしている音域は、20Hz~20kHzです。

「FUN BASS」は、人の耳で聞き取れるすべての音を再現することができます。


一般的な小型スピーカー…再生音域は60Hz~20kHz

FUN BASS…再生音域は20Hz~20kHz



重低音を実現する「バフレフ型」

低音を実現しているおもな理由としては、スピーカー構造にあります。

「FUN BASS」は低音の補強に特化した、「バスレフ型」を採用。


「バスレフ型」は、楽器の原理にも似た低音増強の仕組みとなっています。

箱の中で反響させることによって、増幅した低音をポートから出しています。


「FUN BASS」は他社がカバーしていない、豊かな重低音を再現することが可能です。


温かみのあるデザイン

「FUN BASS」のボディ部分は、無垢の天然木を使用して作りました。

やわらかなイメージを予感させるデザインは、インテリアとしても効果が期待できます。




スピーカー部分は、汚れが付着しないよう、灰色のファブリック素材で覆いました。

グレーの生地で覆っているため、一見するとスピーカーかが分かりません。

さらりとしたポルエステル素材は、触り心地が滑らかで心地良くなるよう仕上げました。


質感の良いレザーベルト

「FUN BASS」の付属品は、本体の色味とマッチした茶色のレザーベルトです。

持ち手の質感にもこだわり、思わず持ち運びしたくなるように工夫を凝らしました。






コンパクトかつ軽量なので、誰でも簡単に持ち運ぶことができます。

部屋のインテリアとしてはもちろん、屋外でも使えるような作りとなっています。

野外での長時間利用も想定した設計で、さまざまなシーンで活躍します。

付属の電源ケーブルで繋げば、充電も簡単に行うことができます。

内蔵バッテリーは最大12時間利用可能なので、安心して持ち運ぶことができます。


誰でもできる簡単接続

「FUN BASS」とスマホをリンクすることで、誰でも簡単に操作することができます。

AUX(イヤホン端子)を有線ケーブルでつなげば、有線接続で操作することも可能です。


無線接続…「FUN BASS」とスマホを繋ぐ

有線接続…付属の有線ケーブルで繋ぐ


イヤホン端子にオーディオケーブルを繋げば、さまざまな機器と接続が可能です。

(テレビ、スマホ、PC、USBなど)


使い方はまさに無限大で、快適な音楽ライフが楽しめること間違いありません。

重低音の調整ができる

上部にある2つのつまみは、それぞれボリュームとサブウーファーの調整ができます。

サブウーファーのつまみを右に回すことで、低音を強化することが可能です。



重低音を強くすることにより、ほかのスピーカーでは出せない深い音の出力が可能です。

部屋の雰囲気や屋外の周りの様子に合わせて、自在に調整することができます。


「FUN BASS」レビュー

YouTuberとして活躍しているワタナベカズマサさま、セゴリータ三世さまに、「FUN BASS」を紹介いただきました。

「FUN BASS」の音質とデザイン性、低音について、高く評価いただいております。

https://www.youtube.com/watch?v=eSGIoF6GG40&feature=emb_title

https://www.youtube.com/watch?v=01ui3fCoZ_c&t=1s

「FUN BASS」は、通販サイト「FunLogy公式ストア」他で購入することができます。

FunLogy公式ストア
https://funlogy.jp/products/fun-bass

楽天市場
https://item.rakuten.co.jp/entamefactory/fun_bass/

Amazon
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08J41ZBYT

「FUN BASS」以外にも、大ヒット商品の小型プロジェクターX-03や、据え置き型プロジェクターFUNPLAY2、サウンドバー FUN SOUND2など、お客様の毎日を楽しくする様々な商品を取り扱っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる