企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

デル・テクノロジーズ、オールインワン型の検証済みHCIシステム

(2021/1/18)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:デル・テクノロジーズ株式会社

デル・テクノロジーズ、オールインワン型の検証済みHCIシステム

「Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI」を発表


当資料は、2020年12月10日に米国で発表されたブログの抄訳版です。
米国ブログ原文:https://www.delltechnologies.com/en-us/blog/new-challenges-demand-new-hybrid-it-solutions/

2021年1月18日
デル・テクノロジーズ株式会社

2020年12月10日、テキサス州ラウンドロック発:
デル・テクノロジーズは、インテリジェントな統合基盤とともにオールインワン型の検証済みHCIシステムである新ソリューション「Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI」を発表しました。

約10年前、HCIシステムが市場に出回り始めた当時は、従来型のサーバーが基盤となるインフラストラクチャーでしたが、HCIにはいくつかの固有のパフォーマンス要件がありました。その要件を満たすため、デル・テクノロジーズは、「Dell EMC PowerEdge」サーバーのエンジニアリングにおける豊富な経験とノウハウをソフトウェア定義ソリューションのニーズに合わせてカスタマイズしました。最適化したハードウェア プラットフォームとユニークなソフトウェア統合によって、デル・テクノロジーズのHCIシステムはHCI市場1位を確立しました*1。

Azure Stack HCI向けのインフラストラクチャー プラットフォームの開発において、デル・テクノロジーズは、この知識と経験を基盤にしつつ、原点に立ち返りながらプロセスを進めました。ハイブリッドというAzure Stack HCIのユニークな特性から、エンジニアリング チームは単に最高のHCIプラットフォームを構築するのではなく、最高のハイブリッドHCIプラットフォームを構築することを考えなければならなかったからです。このような背景から、すべてのシャーシ、すべてのドライブ、DIMM、プロセッサー、アダプターの選定も、Azure Stack HCIの最適化に特化する形で進められました。


次世代Azure Stack HCI
新しい問題が発生したときは、新たな解決策を見つけ出さなければなりません。しかし、問題があまりにも大きすぎる場合、解決策へ辿り着くためには、これまでとはまったく違う考え方をしなければならないことがあります。

クラウドは、あらゆるITの課題に対するデジタル トランスフォーメーション(DX)ソリューションでしたが、その時代は終わりました。クラウドのスプロール化(無秩序に広がり管理できない状態)、管理できないコスト、ガバナンスなどが、IT支出を効率化しなければならない企業・組織のIT部門にとって深刻な問題になったためです。

次に、パブリック クラウドの柔軟性とオンプレミス インフラストラクチャーのセキュリティー コントロールといった、両方の環境における最良の部分を合わせたハイブリッド クラウドの時代が到来しました。しかし、ハイブリッド クラウドにも新しい課題が伴い、このモデルが幅広く普及したことで、IT部門の担当者には、それぞれが固有な特性を有している個々のアーキテクチャーを管理するための知識とスキルが求められるようになりました。また、ほとんどの場合は、このようにユニークなクラウド環境とオンプレミス環境を管理するために、やはりユニークなツールセットが必要でした。

「Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI」は、このような状況を踏まえ、デル・テクノロジーズとMicrosoft社がお客様のニーズに応えるために提供するソリューションです。このシステムは、Microsoft社が提供する次世代Azure Stack HCIの運用体験を最適化するという1つのことを最適に実行できるように構築されています。

2020年に開催された『Inspire』において、主催者であるMicrosoft社はHCIソリューションを進化させ、従来のライセンス モデルではなく、Azureサービスの1つとして提供することを発表しました。これにより、インフラストラクチャーはオンプレミスのままで、Azure Stack HCIをAzureのクラウド インスタンスと同じように利用できるようになります。このソリューションは、基本的にハイブリッド ソリューションで、お客様のデータセンターまたはROBO(リモート オフィス/支店)環境に設置します。Azureとの統合により、お客様は、Microsoft社が定期的に提供する最新のセキュリティー、パフォーマンス、強化機能を利用できます。

Microsoft社シニア ディレクターのTalal Alqinawi氏は、次のように述べています。「両社の長期的な関係の成功例の1つが、コラボレーションにより実現した『Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI』です。特に、新しいAzure Stack HCI OS向けに開発されている目的特化型のこのシステムは、エンジニアリングにおけるデル・テクノロジーズと、Microsoftの豊富な経験とノウハウをあらためて示す成果であると言えるでしょう。コア データセンターからAzureパブリック クラウド、エッジまで、デル・テクノロジーズとMicrosoftは、ハイブリッド クラウドをシンプルにしてお客様にお届けします」。

同じツール、新しい活用法
企業の93%がマルチクラウド戦略を採用しているにも関わらず、マルチクラウド管理ツールを使用しているのは3分の1のみで*2、残りの3分の2の企業は、それぞれが異なるポータルやツールなどを通じてクラウド環境を管理しています。

「Dell EMC Integrated System for Microsoft Azure Stack HCI」によって、企業のIT部門は使い慣れているAzure、Windows Server、Hyper-Vの知識をベースにAzure Stack HCIを実行し、Windows Admin CenterやPowerShell、Azureポータルなどのツールを使って運用できます。

Azure Stack HCI向けに特化した統合システムの構築に着手した際、デル・テクノロジーズは、ハードウェアの開発時と同様に管理面のノウハウも重視しました。その結果、簡素化したデプロイメントと「OpenManage Integration for Windows Admin Center」を通じたフルスタックのライフサイクル管理体験で、これによって手作業による手間が82%減り、データの入力ミスや推測に基づくインストール オプションなどのリスクが大幅に減少しました*3。

「課題」を「ソリューション」に変える
お客様が新しいAzure Stack HCIを導入したとき、その後ろにはデル・テクノロジーズのエキスパート チームがサポートを提供できるように控えています。導入の最初から最後、さらにその先まで、豊富な経験に裏打ちされたデル・テクノロジーズのエンタープライズ クラスのデプロイメント ツール、グローバル サポート、コンサルティング サービスが、導入環境の設計、展開、管理に伴うあらゆる複雑さを簡素化します。

クラウドにおける最大の魅力の大部分は、使った分だけ支払うという従量課金制に由来するものですが、「Dell Technologies on Demand」は、このメリットはそのままに、Azure Stack HCI向けの柔軟な支払オプションを提供します。従量課金はもちろん、オンプレミス インフラストラクチャーのコントロールとセキュリティーも提供するAzure Stack HCIは、事実上クラウドとオンプレミス両方のMicrosoft環境の最良の部分をお客様に提供します。

「Dell EMC Integrated System for Azure Stack HCI」は、2021年第1四半期(2月から4月)から「AX-640」および「AX-740xd」の2つの構成で提供開始の予定です。詳細は、当社サイト(https://www.delltechnologies.com/ja-jp/cloud/solutions/microsoft-azure-stack-hci.htm)をご覧ください。

*1 「IDC WW Quarterly Converged Systems Tracker, Q2 2020」、2020年9月17日- ベンダー収益
*2  Flexera State of the Cloud Report 2020 Internal lab review, taken from Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI: Life Cycle Management Approach Comparison Benefits of Automating the Azure Stack HCI Hardware Update Process(2020年8月)
*3  Internal lab review, taken from Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI: Life Cycle Management Approach Comparison Benefits of Automating the Azure Stack HCI Hardware Update Process(2020年8月)

# # #
デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。
# # #


(C) Copyright 2021 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる