企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

フライングスパーハイブリッド限定車 オデッシアンエディション発表ベントレーの未来を垣間見る

(2021/8/3)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ベントレーモーターズジャパン

フライングスパーハイブリッド限定車 オデッシアンエディション発表ベントレーの未来を垣間見る

ベントレーは、最新モデルであるフライングスパーハイブリッドの導入を記念した新しい限定モデルの詳細を発表しました。



フライングスパーハイブリッド オデッシアンエディションは、2035年のラグジュアリーモビリティに対するベントレーの見解を示すコンセプトカー「EXP 100 GT」からインスピレーションを得ています。また、今後ベントレーがビヨンド100戦略の一環として持続可能な新素材を導入していくにあたり、その第一歩となります。

フライングスパーハイブリッド オデッシアンエディションは、最高出力544PS、最大トルク750Nmを発揮する先進的なハイブリッドパワートレインを搭載しているだけでなく、より持続可能な新素材をキャビン全体に採用しており、デザインは100周年記念のコンセプトカーのディテールをそのまま反映しています。 キャビンには、100%英国産ウールを使用した美しいツイードのパネルがあり、同系色をブレンドした特注の糸を使ってベントレーのために特別に作られたユニークでナチュラルな高級テキスタイルを使用しています。

持続可能性に配慮し、オープンポア仕上げのコア材を使用したフェイシアとウエストレールは、ハイグロス仕上げと比べてラッカーの使用量を90%削減し、木の自然な表面の質感と美しさを楽しむことができます。入手可能な中で最も良質な木材を厳選し、合計わずか0.1mmの極薄の3層ラッカーだけで仕上げられます。

センターコンソールは、洗練されたミニマルなピアノリネンパネルで仕上げられており、専用の3色のレザースキームがインテリア全体に新たな深みを与えています。新素材に加えて、長期的な耐久性を持つサステナブルレザーがキャビン全体に広く使用されています。参考にしたのはベントレーの1955年製S1フライングスパーで、この車は66年前のオリジナルのレザーインテリアが今でも無傷で残っています。

インテリアのアクセントとなるのは、オータムと呼ばれる柔らかく温かみのあるハイドで、ベルーガ、ポーポイズ、クリケットボール、ブルネル、バーントオークの各レザーと、軽やかでモダンなリネンハイドを組み合わせた5つの仕様から選ぶことができます。乗降時にはオデッシアンエディション独自のトレッドプレートが現れ、エクステリアのDピラーバッジとマッチしています。

EXP 100 GTのインテリアに見られるオンブレ(ぼかし)仕上げと同様に、独自の新しい刺繍スタイルでは、糸の色をグラデーションにしてフライングスパー特有の「ロフトダイヤモンド」パターンを際立たせています。

深いパイルのオーバーマットにはコントラストの効いたバインディングが施されており、ラムウールのラグにアップグレードすることもでき、インテリアに占めるウールの割合をさらに高めることができます。

エクステリアでは、21インチの10本ツインスポークホイールと下部のブライトウェア(フロント・リアバンパー、ヘッドライト・テールライトサラウンド、ボディサイド下部のクローム)にペイントされたペールブロッガーのアクセントが、他にはない落ち着いた特徴を生み出しています。ペールブロッガーのアクセントと調和するように厳選された6色をおすすめしていますが、ベントレーの全パレットの中から選択することもできます。

ベントレーのハイブリッド車の有効性を証明する研究結果
電動化に向けたベントレーの歩みと、先日発表されたビヨンド100戦略(2026年までに全ラインナップをプラグインハイブリッド車またはバッテリー電気自動車のみにする)の一環として、ベントレーのハイブリッドオーナーのお客様の使用状況を詳細に把握するための調査活動が行われました。

90%以上のお客様が初代ベンテイガ ハイブリッドを日常的に、または週に数回使用しており、100%近くのお客様がEVモードを使用しており、その半数がコンスタントに30マイル以下の移動を行っています。

現実的には、オフィスでの通勤や通学など、大部分の移動をゼロエミッションで行うことができるということです。

効率的でエフォートレスなグランドツーリング
フライングスパーハイブリッド オデッシアンエディションは、ハイブリッドであってもラグジュアリーさやパフォーマンスに妥協はないことを証明しています。内燃機関と電気モーターの融合により、ドライビングモードやスタイルを問わず、洗練された静けさを提供します。

この新しいパワートレインは、2.9リッターV6ガソリンエンジンと先進の電気モーターを組み合わせたものです。高いパワーリザーブ、優れたトルク、素早いスロットルレスポンスを備えた最新のハイブリッドモデルは、加速性能でフライングスパーV8に引けを取らず、停止状態から60mphまでは4.1秒です(0-100km/hは4.3秒)。

最高出力は544PS、最大トルク750Nmで、ベンテイガハイブリッドに比べて95PS増加しています。フライングスパーハイブリッドオディシアエディションは、フル充電で700km以上の走行が可能です。

この新しいパワートレインは、燃料消費量を大幅に削減しながらも、ベントレーならではのエフォートレスで洗練されたパフォーマンスを実現しています。

ユニークなカラーとトリムの特徴に加えて、フライングスパーハイブリッド オデッシアンエディションには、以下のような一連の装備オプションが含まれています。

・ツーリングスペシフィケーション - アダプティブ・クルーズ・コントロール、レーン・アシスト、セーフ
ガードプラス、ナイトビジョン、ヘッドアップディスプレイを含むベントレーの先進運転支援システム一式

・電動で展開されるイルミネーション付きFlying Bボンネットマスコット

・LEDウェルカムランプ(4つのドアからベントレーウィングを床に投影)

・レザーヘッドライナー

・ドアとリアクォーターに使用されている3次元ダイヤモンドレザーシート

・ローテーションディスプレイ

・インテリアムードライティング

日本でのメーカー希望小売価格は30,800,000円(10%消費税込み)となり、すでに受注を開始しております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる