企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

AC Biodeと志恩、灰から吸着材へリサイクルする技術に関し、タイ、日本、バングラデッシュ、カザフスタンにて受注、2件の覚書を締結

(2021/10/25)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:AC Biode株式会社

AC Biodeと志恩、灰から吸着材へリサイクルする技術に関し、タイ、日本、バングラデッシュ、カザフスタンにて受注、2件の覚書を締結

イオン交換機能を持った吸着剤・抗菌剤へ、灰、鉱山廃液等からリサイクル

・背景、目的: 石炭灰、バイオマス灰、下水汚泥焼却灰、鉱山廃液等は処理・輸送費用に年間約数千万円から数億円かかり、また環境問題にも関係する課題です。例えば、灰は、一般的にアスファルトや土壌改質へのリサイクル、または埋立とされることが多く、また長距離輸送も必要になります。





AC Biode株式会社 (“AC Biode”、京都市、ルクセンブルク、英国ケンブリッジ市)、株式会社志恩 (“志恩”(しおん)、東京都港区)は、これらの灰、または鉱山廃液等を吸着剤、抗菌剤等(CircuLite”サーキュライト”)にリサイクルする技術を提供します。CircuLiteの用途は、フィルター、衛生用品、土壌改質、水質改善等で、新規用途としてはCO2吸着、海洋油漏れの油吸着等があります。従来の類似製品と比較して、最大60%の温暖化ガスを削減します(当社試算)

複数受注と覚書を2件締結
AC Biodeと志恩は、以下の契約を受注、覚書を締結しました:

タイSaha財閥で、同国電力大手Sahacogen (Chonburi) Public Company Limitedの100%子会社であるSahacogen Green Company Limited (“Sahacogen”)より、バイオマス発電所から出る灰を、フィルター、美容品・化粧品、土壌改質、水質改善、ペイント、海洋油吸着等に活用される吸着剤、抗菌剤にリサイクルする技術の基礎調査を受注し、この度完了しました。
日本の複数大手メーカー、大手商社等からCircuLiteサンプル供与の契約を受注し、弊社台湾客先の台湾工場からのCircuLiteを供給し各種テストを開始致しております。
カザフスタンで現地法人と石炭灰をCircuLiteへリサイクルする事業に関し覚書を締結しました。年間5,000tonの石炭灰を同量のCircuLiteにリサイクルする予定です。
英国上場企業GCM Resources社、香港VersaTech社と、バングラデッシュの石炭焚発電所にて灰をCircuLiteへリサイクルする事業開発に関し覚書を締結しました。年間5,000-10,000tonの石炭灰を同量のCircuLiteにリサイクルする予定です。発電所を含めた総プロジェクトコストは40億USDです。

上記フィージビリティスタディでは、SahacogenがタイLamphun(ラムプーン)県の同社バイオマス発電所から出る灰のサンプルを日本に送り、志恩とAC Biodeにて詳細分析し、CircuLiteのサンプルを作成しました。CircuLiteは、活性炭やゼオライトと同様の用途を持ち、イオン交換機能もある為、汚染物質を物理的のみならず化学的にも吸着させます。本技術は、既にUNIDOにも正式に承認されております。“Production of Multi-functional Composite Material “CircuLite” via Proprietary Recycling System of Unused Resources”、“Anti-Viral and Anti-Bacterial Material Synthesized from Ash Waste Utilizing Ion Exchange Capacity”

・今後の展望:


環境省様のサポートを頂き、2021年11月に英国グラスゴーで開催されるCOP26に出展致します。
現状客先にて、リサイクル工場建設に向けて引き続き注力して参ります。
上記以外に国内外からも多くの引き合いを頂いており、引き続きフォローして参ります。
吸着剤の新しい用途として二酸化炭素吸着、海洋油漏れの油吸着等開発して参ります。


我々は、東南アジア初の、発電所現場における灰リサイクル事業を開始する計画です。3年以内に、Sahacogen、AC Biode、志恩にて同リサイクル工場を立ち上げ、1ラインあたり年間5,000tonの灰をリサイクルし、同量のCircuLiteを製造、タイ、日本等東アジアの各社に販売して参ります。これらを通じて、お客様におけるリサイクル率向上、大気汚染改善、環境問題対策、地球の温暖化ガス排出削減に貢献します。
(写真)台湾工場(バイオマス灰3,000ton/年から同量のCircuLiteを製造):




株式会社志恩
環境エンジニアリングをベースにしたスタートアップ(東京都港区)で、CircuLite建設、操業に関し、日本やアジアで多くの経験を有しています。灰の性能が不安定であっても、CircuLiteの品質を安定化させる特殊なノウハウがあります。

AC Biode株式会社
材料科学、エレクトロニクスをベースにしたクリーンテックスタートアップ(京都市)で、日本、ルクセンブルク、英国に展開しています。CircuLite以外にも、モビリティ・蓄電用交流電池・回路開発、廃プラの解重合触媒等も開発しています。欧州連合EU傘下EIT InnoEnergy等から出資を受け、国内外のピッチコンテスト25件で優勝した実績があります。
お問い合わせ先: Tadashi.kubo@acbiode.com
Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagram: ”@AC Biode”または”@ACBiode”

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる