企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

アスエネがTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言へ賛同を表明

(2021/10/26)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アスエネ株式会社

アスエネがTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言へ賛同を表明

CO2見える化のクラウドサービスを通じてカーボンニュートラル社会への貢献を加速

アスエネ株式会社(本社:東京都港区、代表:西和田浩平、以下「アスエネ」)が、2021年10月から国際イニシアチブのTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に賛同いたしました。今後は、TCFD提言に基づいて気候変動がもたらす影響を、当社だけではなく連携企業と共に情報開示を促進していきます。


当社はこれまで、温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」の提供により、企業や自治体の脱炭素化の促進をしてまいりました。それに加え、当社自らも今回の国際的な環境イニシアチブ「TCFD」への賛同を通して、自社および連携企業の気候関連の情報開示を強化し、引き続きカーボンニュートラル社会の実現に貢献していきます。

TCFD*(Task Force on Climate Related Financial Disclosure)とは、金融安定理事会(FSB)により設立された、金融機関や企業に対して気候関連の財務情報開示ガイドラインを推奨する国際イニシアチブです。気候変動が企業へもたらす財務的影響のシナリオ分析を主要とした、情報開示を推進しています。

当社のクラウドサービス「アスゼロ」は、温室効果ガス排出量の見える化をはじめとし、TCFDの提言に沿ったリスク・機会のシナリオ分析の支援も提供いたします。

*TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)
G20からの要請を受け、金融安定理事会(FSB)が2015年に設立。気候変動によるリスク及び機会が経営に与える財務的影響を評価し、ガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標について開示することを推奨しています。
TCFDウェブサイト:https://www.fsb-tcfd.org/


CO2排出量・気候関連情報の開示を促進する「アスゼロ」のサービス詳細は以下の通りになります。 
■温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」の主な特長

1.スキャンするだけ。自動でCO2見える化



企業・自治体の自社だけではなくサプライチェーン全体(Scope 1-3)でのGHG*排出量のデータ回収・算出を自動化して、業務工数を削減します。わかりやすいUI・操作しやすいUXにより、初めて使う担当者の方にもオンボーディング時間が短く、ご利用いただけるサービスです。
(弊社開発の独自性のある新技術として、2021年7月に特許を出願済)
*GHG:Greenhouse Gas(温室効果ガス)の略。地球温暖化の主な原因となる二酸化炭素やメタンガスの排出量

2.分析・報告まるごと自動化



テクノロジーを活用してGHG排出量の分析、CDP・SBT*・省エネ法などへの報告もまるごと代行します。これにより、毎年の報告手続き業務の工数も削減。従来は膨大な時間がかかっていた分析作業を、AIの活用で自動化し、結果の見える化と効率化を実現できます。

3.CO2削減もまとめておまかせ



GHGの排出原因に応じた再エネ100%電力提供、省エネなど、最適な手法を提案します。
再エネ100%・CO2排出量ゼロでコストも10%削減できる地産地消型クリーン電力「アスエネ」や、オンサイト・オフサイト両方対応のコーポレートPPA、クレジットオフセット、省エネソリューションなど、お客様のニーズに応じた最適な手法の提案によって、GHG排出量の削減をご支援いたします。

気候危機問題の解決、脱炭素経営を推進したい企業・自治体のお客様にオススメのクラウドサービスです。

【アスエネ株式会社】



会社名:アスエネ株式会社
事業内容:
(1)再エネ100%・地産地消・コスト削減のクリーン電力サービス「アスエネ」
(2)温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」
資本金:3億8,250万円(資本準備金含む)
代表者:西和田 浩平
株主:経営陣、Incubate Fund、環境エネルギー投資、STRIVE
創業:2019年10月
WEBサイト:https://earthene.com/corporate/
弊社開発の独自性のある新技術として、2020年2月、2021年6月、7月に各々特許出願済み。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる