企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

コヴィア、AIスピーカーにも対応するスマートホーム関連製品「ORVIBO(オービボ)」スマートホームシリーズの販売開始

(2017/11/28)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社コヴィア

コヴィア、AIスピーカーにも対応するスマートホーム関連製品「ORVIBO(オービボ)」スマートホームシリーズの販売開始

株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:神代敏彦)は、家庭をスマートホームに進化させるORVIBO社製スマートホーム製品の国内販売を2017年11月末より開始します。 http://www.orvibo.jp/




※写真はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

ORVIBOスマートホームシリーズは、スマートホームのリアルなニーズに応える機能を備えた、シンプルで美しいデザインのWi-Fi端末です。ORVIBOスマートホーム製品はいずれもWi-Fi接続で操作でき、特別なゲートウェイ機器等は必要ありません。ご家庭の既存のネットワークに簡単に設置でき、ご自宅をスマートホームに進化させます。

ORVIBOスマートホームシリーズの第一弾は、Wi-Fiリモコン「MagicCube」CT-10です。2017年11月末よりAmazonサイトでお求めいただけます。また、ORVIBOスマートホームシリーズでは次のラインアップとして、「Wi-Fiカメラ SC-10」を2017年12月下旬に、「Wi-Fiメータープラグ S31」を2018年2月に発売予定です。

Amazon AlexaやGoogle HomeなどAIスピーカーにも順次対応し、さらなるスマートホームを追求していくORVIBOのスマートホーム製品で、楽しく便利なスマートホームライフを実感してください。


■HomeMateアプリ
HomeMateはORVIBO製品専用の統合型スマートホームアプリです。ORVIBOスマートホームシリーズの製品はすべてHomeMateアプリからクラウドを介して制御できるので、ご自宅内でも、外出先からでも、場所を意識せずに同じ手順でORVIBOスマートホーム製品を操作することができます。また、HomeMateアプリは同一のアカウントに複数ログインすることができるので、ORVIBOスマートホーム製品を複数のスマートフォンやタブレットでご利用いただくことができます。さらに、ご利用中の設定はクラウドに記録でき、スマートフォンを機種変更したときや、タブレットを追加したい場合も、面倒な設定の引き継ぎが必要ありません。
HomeMateアプリはiOSとAndroid OSの両方に対応しています。


*部屋設定機能
HomeMateアプリにはORVIBOスマートホームの各製品を利用する”部屋”の設定ができるので、異なる部屋に設置した複数のORVIBOスマートホーム製品を個別にコントロールすることが可能です。


*シーンリンク機能
HomeMateアプリのシーン(SCEAN/場面)リンク機能は、あらかじめ設定した“シナリオ”に従ってORVIBOスマートホーム製品のシーケンス動作を自動制御します。
例えば、平日朝の“シナリオ”として次のような設定をすれば、ORVIBOスマートホーム製品が、あわただしい朝も毎日あなたのルーチンワークをサポートします。


[ご利用例]
0. AM6:00 “シナリオ”スタート(“シナリオ”を実行する曜日を月~金に設定)
1. 0秒後 エアコンを26℃でオン ~ 起床までにお部屋を暖めておく
2. 30分後 テレビをスイッチオン ~ 目覚ましの代わりに
3. 45分後 Wi-Fiメータープラグで電源タップをオンに。コーヒーメーカーを沸かす。 ~ 朝食の一杯
4. 60分後 テレビ・エアコンをオフ ~ 外出の時間。エアコンの切り忘れの心配もなし。


■Wi-Fiリモコン「MagicCube」CT-10
MagicCube CT-10は、インターネットを介してスマートフォンで操作するスマート赤外線リモコンです。MagicCubeをご自宅のネットワークにWi-Fi接続するだけで、ご家庭にあるリモコンに代わって1台のスマートフォンでさまざまな家電がコントロールでき、ご家庭のスマートホーム化を実現します。
MagicCubeは世界で8000種類以上、市販の赤外線機器のほぼ95%に対応しています。また、学習機能付きなので、リモコンコードをMagicCubeに読み込ませれば、対応していない機器でもご利用が可能になります。
円錐形の360度赤外線発信器は赤外線信号の放射能力に優れ、室内の隅々までリモコン信号が到達しますので、MagicCubeの置き場所に悩む必要はありません。
MagicCube CT-10のAlexaおよびGoogle Homeへの対応は現在準備中です。

*デザインポリシー
MagicCubeは、ドイツiFデザインアワード2017、台湾ゴールデンピンデザインアワード2016の各賞を受賞しました。ORVIBOのデザインポリシーは「美しくスマート」であること。考え込まれたデザインに自然の叡智を融合させたMagicCubeのデザインは簡潔で控え目です。お部屋のどこに置いても大切な雰囲気を邪魔しません。『良いデザインは製品の機能性をも向上させる』 これがORVIBOシリーズのデザインポリシーです。


■仕様
製品名 : Wi-Fiリモコン MagicCube CT-10
Wi-Fi規格 : IEEE802.11 b/g/n(2.4Ghz帯)
赤外線周波数 : 20~60Khz
赤外線到達距離 : 8m以上
赤外線放射角度 : 360度
赤外線透過率 : 93%
対応機器 : 8000種類以上
ケース素材 : PC+ABS+TPU
電源 : 5V/1A microUSB給電(ケーブルのみ同梱)
外形寸法 : 53x53x54mm(高さ×幅×厚さ)
質量 : 約103g

*電波法に基づく技術基準適合証明を受けた製品ですので、日本国内で安心してご利用いただけます
*デザイン、仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります。


■製品名 : Wi-Fiリモコン MagicCube
■製品型番 : CT-10
■発売時期 : 2017年11月末
■価格 : オープン
■Amazon販売価格 : 5,980円(税込)
■ORVIBO製品サイト : www.orvibo.jp


【商品画像】
http://blog.orvibo.jp/entry/2017/11/22/155614
【商品ユーザーガイド】
http://blog.orvibo.jp/entry/2017/11/22/175951

【本製品に関する問い合わせ窓口】
電話 : 050-5894-0977
E-mail : orvibo@covia.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる