企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

LGゲーミングモニター、世界初のVESA AdaptiveSync認証をアリオンで取得

(2022/5/17)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アリオン株式会社

LGゲーミングモニター、世界初のVESA AdaptiveSync認証をアリオンで取得

【ニュース概要】 ・アリオンは、LG社のLG UltraGear(TM)ゲーミングモニターを対象に、VESA AdaptiveSync認証の取得をサポートした ・これはVESA AdaptiveSync認証試験の認定機関として世界初の実績となる 【記事URL】 https://www.allion.co.jp/news-center/adaptivesync_lg_gaming_display/


第三者認証試験、品質検証、およびコンサルティングの総合的な第三者検証ソリューションを提供するアリオン株式会社(東京都 品川区、代表取締役社長:中山英明、以下「アリオン」)のグループ本社であるAllion Labs Inc.(本社:台湾・台北市、CEO:Summer Chien)は2022年5月17日、LGエレクトロニクス社(本社:韓国、代表取締役:李 栄彩、以下「LG」)のLG UltraGear™ゲーミングモニター(モデル:27GP950および27GP850)を対象に、VESA AdaptiveSync認証を取得したことをお知らせいたします。これはAdaptiveSync認証試験の認定機関として世界初の実績となります。

図1:LG UltraGear(TM)ゲーミングモニター「27GP950」(左)および「27GP850」(右)のイメージ(提供元:LG)
映像関連の標準化団体であるVideo Electronics Standards Association(以下「VESA」)は今年、Adaptive-Sync認証プログラムを開始しました。このプログラムにはMediaSyncおよびAdaptiveSyncという2つの仕様が定義されています。MediaSync仕様では、可変リフレッシュレートテストを実施することは不要で、最小リフレッシュレートは48~60 Hzとなります。一方、AdaptiveSync仕様では、可変リフレッシュレートテストを実施することは必須で、保証される高可変リフレッシュレートは60~144 Hzとなります。これによりユーザーはより快適なゲーム体験を楽しめます。

図2:VESA Certified AdaptiveSync DisplayロゴとMediaSync Displayロゴ(提供元:VESA)
VESA Certified AdaptiveSync Displayロゴは、より高いリフレッシュレートと低遅延パネル性能に重点を置いたゲーミングモニター向けに開発されたものです。このロゴには、AdaptiveSync方式で製造元の工場出荷時デフォルト設定でネイティブ解像度をテストした際に達成可能な最大のビデオフレームレートを示す値が含まれています。ロゴの値は、144、165、240、および360が含まれます。

VESA Certified MediaSync Displayロゴについては、ジッターフリーのメディア再生に重点を置き、すべての国際放送ビデオフォーマットをサポートするディスプレイのために開発されています。このロゴは、フレームレートの上昇ではなく、ジッターとフリッカーがないことに焦点を当てた認証のため、性能のランク付けはありません。

VESAの長期的なパートナーとして、アリオンはAdaptiveSync仕様の策定推進に取り組んでおり、お客様の製品がテスト仕様と互換性要件を満たしていることを確認するために、お客様に最新認証情報とテストサービスを提供しております。 

VESA AdaptiveSync認証についてご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

※ 本 Web サイト上に記載されている団体名、会社名、製品またはサービスの名称などは、各社、各団体の登録商標または商標です。


LGエレクトロニクスについて

LGエレクトロニクスは、家電をはじめとするテクノロジーのグローバルイノベーターとして、世界中に事業拠点を持ち、約75,000人以上の従業員を擁しています。2020年の世界売上高は約560億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の4事業を展開。テレビ、生活家電、エアコン、モニター、サービスロボット、車載用機器などを製造する世界有数の総合家電ブランドです。

会社名:LGエレクトロニクス
住所:Lg Twin Tower, 128, Yeoui-Daero, Yeongdeungpo-Gu, Seoul, 07336 Korea
代表者:Cho Joo-wan
設立:2002年4月1日
URL:https://www.lge.co.kr/

アリオン株式会社 概要

アリオンは創業以来、IT/家電製品を始めとした認証・検証を事業の柱としています。DisplayPortのほか, HDMI, HDR10+、UHDA、DisplayHDR, IMAX Enhanced Programといった映像規格のプロフェッショナルが在籍しています。最新の技術動向に追随しながら、業界最高レベルの品質向上・開発支援サービスを提供しています。

会社名:アリオン株式会社
住所:本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田 3-20-14 住友不動産高輪パークタワー 1F
     テストセンター:〒140-0012 東京都品川区勝島1-1-1 東京SRC B館4階
代表者:中山 英明(なかやま ひであき)
設立:2002年4月
URL:https://www.allion.co.jp/

事業内容:
 ● 総合的な第三者検証ソリューションの提供
 ● 企業や標準団体等の各種ロゴ認証試験(USB, HDMI, HDR10+, Wi-Fi, Bluetooth, ZETA等)
 ● ハードウェア・ソフトウェア製品全般に関する品質保証テストおよび関連情報サービス
 ● 製品開発・品質保証に関する検証ツールの開発および販売

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン