企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

省スペースと拡張性を両立したファンレス組み込み用PC 「ボックスコンピュータ(R) BX-M210シリーズ」新発売

(2022/5/24)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:コンテック

省スペースと拡張性を両立したファンレス組み込み用PC 「ボックスコンピュータ(R) BX-M210シリーズ」新発売

株式会社コンテック (本社:大阪市西淀川区、代表取締役社長:井狩 彰) は、省スペースと拡張性を両立したファンレス組み込み用PCを開発、「ボックスコンピュータ(R) BX-M210 (以下 新製品)」として2022年5月24日より受注を開始いたしました。


GPIO モデル
SATA モデル



【製品ラインアップ】


型式:BX-M210-J2311
モデル:GPIO
無線LAN / Bluetooth:なし
CPU / メモリ:Atom x5-E3940 1.6GHz Quad-core / 8GB RAM
ストレージ:128GB M.2 SSD (TLC)
OS:Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)
価格(税別):オープン

型式:BX-M210-J2313
モデル:GPIO
無線LAN / Bluetooth:あり
CPU / メモリ:Atom x5-E3940 1.6GHz Quad-core / 8GB RAM
ストレージ:128GB M.2 SSD (TLC)
OS:Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)
価格(税別):オープン

型式:BX-M210-J2312
モデル:SATA
無線LAN / Bluetooth:なし
CPU / メモリ:Atom x5-E3940 1.6GHz Quad-core / 8GB RAM
ストレージ:128GB 2.5-inch SSD (TLC)
OS:Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)
価格(税別):オープン

型式:BX-M210-J2314
モデル:SATA
無線LAN / Bluetooth:あり
CPU / メモリ:Atom x5-E3940 1.6GHz Quad-core / 8GB RAM
ストレージ:128GB 2.5-inch SSD (TLC)
OS:Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)
価格(税別):オープン

※ OSなしモデルもご用意しております。

新製品は、省電力クアッドコアCPUのIntel Atom(R) x5-E3940 プロセッサを搭載したWindows対応のファンレス組み込み用PCです。これまで拡張ボードなどの周辺機器の追加で実現していた機能を搭載しながら、A5用紙サイズという省スペース性を実現しています。本体内部が上下2層構造となっており、上部半分に産業用コンピュータの基本機能を集約させ、下部半分を機能拡張できるスペースとして確保しています。機能拡張カードの規格「M.2」により、様々な機能拡張できることが特長です。

装置・産業設備は、機能の複合化・高速化が指向される一方で、小型化のニーズも高く、コントローラとなる組み込み用コンピュータにおいても、高性能かつ省スペース化が求められています。新製品は、装置・産業設備に合わせて柔軟にカスタマイズ可能な機能拡張性とA5用紙サイズという省スペース性を両立、こうした課題を解決する製品です。

今回発売となるのは、フォトカプラ絶縁デジタル入力32点/出力32点、2x USB2.0ポート、2x RS-485ポートを機能追加した「GPIOモデル」と、2.5インチSATAドライブスロットを搭載した「SATAモデル」の2モデルで、それぞれのモデルで無線LAN+Bluetoothなし/あり、OSなし/ありが選択できる8タイプとなります。

「GPIOモデル」のフォトカプラ絶縁デジタル入力32点/出力32点は、当社のパソコン用計測制御インターフェイスボード相当機能で、ドライバソフト (API-TOOL) で統合されています。パソコン+デジタルI/Oボードの構成システムから最小限のプログラム変更で移行することができます。

新製品は、様々な信号入出力が必要な精算機や券売機といった機器への組み込み、工場の生産設備やIoTゲートウェイ端末としてもご利用いただけます。当社では、デジタル多点入力(出力)のみの機能が欲しい、アナログ機能を実装したいなどのお客様のニーズに対して専用コントローラとしてカスタマイズのご相談も承ります。



【主な特長】


装置の小型化に貢献、設置面積ほぼA5サイズの省スペースPC
厚み55mm×幅182mm×奥行155mmの省スペース設計、A5サイズ程度の面積での設置が可能です。

各種周辺機器との接続を容易にする豊富なインターフェイス
DisplayPort×1、USB3.2 Gen1 (USB3.0)×4、USB2.0×4(SATAモデルはx2)、LAN×2に加えて、アナログRGBポート、RS-232C(GPIOモデル:×4(3ポートはRS-422A/485切り替え可能)、SATAモデル:×2(1ポートはRS-422A/485切り替え可能))といったインターフェイスを装備しています。ストレージには交換が容易なCFastカードスロットを採用しており、ログや収集データの書き込み領域として利用が可能です。無線ありモデル(BX-M210-J2313, BX-M210-J2314)では、無線LANおよびBluetooth対応機器との接続が可能です。

OSシャットダウン不要の電源断運用に対応「電断プロテクト(R)」
電源障害からのデータ保護とストレージへの書き込みを禁止する「電断プロテクト(R)」機能を搭載。Windows IoT Enterpriseのロックダウン (ディスク書き込み抑制) 機能と併用することで、シャットダウン処理なしで安全に電源OFFにすることが可能です。また、突然の電源断によるファイルシステムやデータの破損を防ぐことができます。



【関連情報】


・ボックスコンピュータ(R) 一覧:https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/embedded-computers/?ref=presspt#box-pc

・組み込み用コンピュータ:https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/embedded-computers/?ref=presspt

・コンテックだけのオリジナル機能:https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/features/original-functions/?ref=presspt



株式会社コンテック (CONTEC CO., LTD.)


社名 : 株式会社コンテック
所在地 : 大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 : 代表取締役社長 井狩 彰
社員数 : 604名(グループ計)
資本金 : 11億1,960万円
URL : https://www.contec.com/

1975年4月設立。産業用機器の総合メーカとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。パーソナルコンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、最先端の製品を次々と開発。この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギ、医療、鉄道・交通機関、デジタルサイネージ、IoTソリューションなどの新分野にも進出。独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。



【お問い合わせ先】


報道関係者様 お問い合わせ先
販売促進グループ
〒105-0014東京都港区芝2-2-14 一星芝ビルディング7F
TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
E-mail: promote@jp.contec.com

Webプレスリリース版
https://www.contec.com/jp/news/2022/2022052400/?ref=presspt

お客様 お問い合わせ先
テクニカルサポートセンター
TEL: 050-3786-7861(ダイヤルイン)
E-mail: tsc@jp.contec.com

※ 会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社所在地の記載をお願いします。
※ 本発表資料の記載情報は発表日現在の情報です。
ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合がありますのであらかじめご了承ください。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン