企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

キンドリルとネットアップ、クラウド移行と変革を迅速化するアライアンスを発表

(2022/5/25)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ネットアップ合同会社

非構造化データからの洞察抽出とイノベーション実現に注力

世界最大級のITインフラストラクチャサービスプロバイダーであるキンドリル(NY証取:KD)と、クラウドドリブン データセントリック ソフトウェア企業の米ネットアップ(米国カリフォルニア州)は本日、オンプレミス、クラウド、エッジ環境に保存されたデータから洞察を引き出して、お客様のビジネス変革を支援するためのグローバルアライアンスを発表しました。


今回のアライアンスで両社は、あらゆる業界のお客様がテキストベースの書類、画像データ、音声・動画ファイル、IoTデバイスやその他のソースを含む膨大な量の非構造化データを管理し、ビジネス価値を引き出して最大化できるように支援します。

両社は、キンドリルのITインフラとマネージドサービスに関する専門性と、ネットアップのパブリッククラウドにおけるリーダーシップ、ならびにエッジからコア、クラウドにわたる拡張性を組み合せて、お客様企業が複数のプラットフォームやクラウドにまたがるデータにアクセス、分析して、洞察を導き出せる新しいソリューションを構築していきます。

キンドリル グループプレジデント エリー・キーナン(Elly Keinan)氏のコメント
 「ネットアップとの戦略的関係を拡大し、お客様がデータおよびITインフラで抱える喫緊の課題について解決を
 支援できることを嬉しく思います。両社の専門性と技術的リーダーシップを組み合わせることで、あらゆる業界
 のお客様企業がより多くの重要アプリケーションをクラウドに移行できます。そして、ITを進化させる中で非構
 造化データから得られる価値の高い洞察を活用できるようになるでしょう」

米ネットアップ社 CEO ジョージ・クリアン(George Kurian)のコメント
 「大量の非構造化データを従来の構造化データとともに管理・分析する能力は、データドリブン型ビジネスへの
 変革を実現する上でますます重要なものとなってきています。ネットアップとキンドリルの戦略的パートナーシ
 ップは、お客様の将来のイノベーションとビジネス成果を推進し、クラウド導入を加速させるデータインフラサ
 ービスを共同で提供できるようにします。これまで主要産業で共に成功を収めてきましたが、これからキンドリ
 ルとの関係を強化し、データを活用しようとする他の市場でも課題に取り組むソリューションで協力する時期が
 きました」

両社は、これまで15年以上にわたって最適なソリューションを提供してきたコラボレーションに基づいて、専門性を改めて結集します。そして、より効率的かつ効果的にデータを管理、分析、最適化しながら、重要な意思決定に必要な情報を提示して、お客様のビジネス推進を支援する革新的なソリューションを開発していきます。

また、非構造化データを活用する際の柔軟性、汎用性、価値の向上を提供する高度な「ストレージインフラas a Service」ソリューションを共同で開発し、お客様企業がデータからビジネス価値を引き出せるように支援します。

さらに、データ管理を強化して洞察抽出を支援するために、以下のような業界特有の課題に対応する新たなハイブリッドクラウドソリューションとサービスを共同開発していきます。

 自動車/製造:プロセスの迅速化と顧客嗜好の把握の向上
 金融:顧客満足度の向上と、ターゲットをより明確にしたサービスの提供

この資料は米キンドリル、米ネットアップが5月19日に発表したプレスリリースの抄訳です。

以上

キンドリル(Kyndryl Holdings, Inc.)について
キンドリル(NY証取:KD)は、世界中の企業が日々の業務で利用する、複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理するITインフラプロバイダーです。キンドリルは、世界で約9万人のプロフェッショナルを擁し、60カ国以上でフォーチュン100の75%に相当する企業を含む4,000社超のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.kyndryl.comをご覧ください。

ネットアップについて
ネットアップは、データを中心に考えながらグローバルなクラウド戦略で業界をリードする企業です。DXが加速するいま、データを活用してビジネスをリードしようとする企業や組織を支援します。クラウドでの開発、クラウドへの移行、オンプレミスでのクラウドレベルの環境構築など、データセンターからクラウドまでのアプリケーションを最適な状態で実行できるシステム、ソフトウェア、クラウド サービスを提供しています。こうした多彩な環境にわたって機能するソリューションを通じて、企業や組織が独自のデータファブリックを構築し、いつでもどこでも必要なデータ、サービス、アプリケーションを、適切なユーザに安全に提供できるようにしています。詳細は www.netapp.com/ja をご覧ください。ネットアップ合同会社はネットアップの日本法人です。

NetApp、NetAppのロゴ、https://www.netapp.com/company/legal/trademarks/に記載されているマークは、NetApp, Inc.の商標です。その他の会社名と製品名は、それを所有する各社の商標である場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン