企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

生まれ変わるアイコン、スピードシックス

(2022/6/28)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ベントレーモーターズジャパン

生まれ変わるアイコン、スピードシックス

(クルー、2022年6月24日)ベントレーマリナーは、アイコニックなスピードシックスを12台限定の特別なコンティニュエーションシリーズとして、よみがえらせる予定です。




1929年と1930年にル・マンを制したベントレーのレースカーを、メカニカルも外観も忠実に再現します。これは、オリジナル車の功績を称えるとともに、マリナーの歴史ある技術を発展させ保存することを目的としており、ベントレーマリナーが手掛けたブロワーに続き、世界で2番目の戦前車のコンティニュエーションプロジェクトとなる予定です。

スピードシックスは、当時のベントレーのレースカーとして最も成功を収め、ベントレーの歴史上最も重要な車の一つとされています。スピードシックスは、ベントレーの世界最高水準の性能を示しただけでなく、快適でありラグジュアリーでありながら長距離を楽に移動できる性能を持つという、グランドツアラーのコンセプトを明らかにしたのです。これ以来、すべてのベントレーは同じ理念を踏襲しています。

この12台は、世界初の戦前車のコンティニュエーションプロジェクトであるブロワーコンティニュエーションシリーズを手がけたのと同じマリナーのスペシャリストチームによって設計されており、これから開発、製造される予定です。4½リットルのブロワーコンティニュエーションシリーズは、1930年にスピードシックスと一緒にレースに参戦した世界で最も有名で貴重なベントレーである1929年のチームカー#2をベースに12台制作され、高い評価を得て即完売となりました。新しいスピードシックスコンティニュエーションシリーズも、すでに世界中の幸運なお客様によって全12台が予約されています。

スピードシックスコンティニュエーションシリーズはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでベントレーの会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマークによって発表されましたが、彼は次のようにコメントしています。

「ブロワーコンティニュエーションシリーズの開発を通じてマリナーのチームは信じられないほどの技術を習得し、その車がお客様から好評を博したため、スピードシックスにも敬意を表する機会を得られたことは、大変素晴らしいことです。歴史上重要な車そのものだけでなく、これらのクラシックなベントレーに関わることで得た知識も合わせて保護し、保存し、発展させることが重要です。スピードシックスは、103年の当社の歴史の中で最も重要な車の一つであり、12台のコンティニュエーションシリーズは、エンジニアリングの品質と細部への執拗なまでのこだわりを持って製作されたW.O.ベントレーのオリジナルと同じ価値を体現します。幸運なオーナーは、自分の車で世界中をレースし、オリジナルのベントレーボーイズの活躍を追体験することができるのです。」

マリナーチームは、英国中のクラシックカーのスペシャリストである職人たちから再びサポートを受けることになります。彼らは、物理的に同一であるだけでなく、多くの場合1920年代に使用されたのと同じ技術で作られた再現パーツを提供してくれます。このような複雑なプロジェクトを成功させるためには、完璧さと信頼性が求められます。

スピードシックス
6½リットルの高性能バージョンであるスピードシックスは、ウルフ・バーナート、ヘンリー・ティム・バーキン卿、グレン・キッドソンによって1929年と1930年のル・マンで優勝し、ベントレーで最も成功したレースカーとなりました。

スピードシックスは、1926年型6½リッターの改良型モデルでした。W.O. ベントレーは、ティム・バーキンがスーパーチャージャーを信奉していたのとは対照的に、パワーを増大させるには排気量を増やすことが最良の方法であると考えました。そこで彼は、4½リッターの後継となる、より大きなエンジンを新たに開発したのです。ボア100mm、ストローク140mmの新型直6エンジンは、ほぼ6.6リッターの排気量を持っていました。スミス製シングル5ジェットキャブレター、ツインマグネト、圧縮比4.4:1を備えた基本形で、6½リッターのエンジンは147bhp/3500rpmを発揮しました。ロンドン北部のクリックルウッドにあるベントレーの工場で362台が製造され、各顧客のボディスタイルの要求に応じて、長さの異なるさまざまなシャシーが作られました。

スピードシックスのシャシーは、6½リッターのエンジンをよりスポーティにしたモデルとして1928年に導入されました。エンジンはよりパワフルに改良され、SUキャブレターのツイン化、高圧縮比化、高性能カムシャフトの採用により、180bhpに向上しました。スピードシックスのシャシーは、138インチ(3,505mm)、140.5インチ(3,569mm)、152.5インチ(3,874mm)のホイールベースが用意されていましたが、ショートシャシーが最も人気でした。スピードシックスは、1928年から1930年にかけて182台が製造されました。

レーシングバージョンのスピードシックスには、ホイールベースが11フィート(132インチ、3,353mm)、圧縮比6.1:1、200bhpのエンジンが開発されました。1929年と1930年のル・マンの2回の優勝により、スピードシックスはベントレーの歴史にその名を刻むことになりました。ウルフ・バーナートとヘンリー・バーキン卿が運転するスピードシックスは、1周目からチェッカーフラッグまでリードし、他の3台のベントレーがそれに続きました。バーキン卿は、それまでのベストラップを46秒縮める7分21秒の新記録を樹立し、平均時速83マイルを記録したほか、2,844kmを走破して距離記録も達成しました。このような1メーカーによる圧倒的な強さは、その後30年近くル・マンで見ることはできませんでした。

アイコンの再現
1929年と1930年のレースカーのデザインに忠実な12台の新しいスピードシックスを制作するために、マリナーチームはまず、オリジナルの設計図とオリジナル車の詳細な分析の両方から、車の完全な3D CADモデルを作成しました。この過程で参考にしたのは2台の車両です。

「オールドナンバー3」は、ベントレーが1930年のル・マンにエントリーした3台のスピードシックスのうちの3台目です。困難なレースにもかかわらず、その試練を乗り越え、以来、完璧な状態で保存されてきました。現在も公道走行が可能で、オーナーによって活発にレースが行われているオールドナンバー3は、デザインの詳細や新車製作の参考となる貴重な情報源となっています。

ベントレーが所有するスピードシックス (GU409) は、オールドナンバー3と並んで、ベントレーのヘリテージコレクションの一部であり、オリジナルのレースカーと同じ4シーターのヴァンデンプラボディをまとい、同じ仕様にレストアされた1929年のロードカーです。GU409は、12台のコンティニュエーションシリーズに、パワー/トルク曲線を含む、ベンチマークとなるパフォーマンスとハンドリングのデータを提供します。92年ぶりの新しいスピードシックスは、今年後半に組み立てられ、このプロジェクトの技術試験車となります。スピードシックス・カーゼロはベントレーの所有となり、ブロワー・カーゼロとともに、このプロジェクトに貢献するファミリーの先達となります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン