企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

モーター駆動の自動回転雲台「Matterport Axis(TM)」の国内正規販売を7/1開始

(2022/7/1)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:野原ホールディングス

モーター駆動の自動回転雲台「Matterport Axis(TM)」の国内正規販売を7/1開始

~スマートフォンによる安定した360°空間撮影を支援。デジタルツインの活用で、建設/不動産業界の業務効率化へ~

建設産業をアップデートする野原ホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔)のVDC(Virtual Design & Construction)事業開発部は、あらゆる実空間におけるスマートフォン360°撮影を支援し、より精度の高いデジタルツイン(3D/VR空間モデル)を作成できるモーター駆動式の自動回転雲台「Matterport Axis(TM)(マーターポート アクシス、以下「Matterport Axis」)の販売を本日より、下記のリセラーサイトで開始いたしました。 Matterport Axis(雲台)、持ち運び用キャリーケース、リモコン、三脚のセットで価格は15,180円(税込み、為替変動による価格改定の可能性あり)、初年度販売目標は300台です。 【購入場所(リセラーサイトURL)】https://www.nohara-vdc.jp/matterport/axis





Matterport Axis(マーターポートアクシス)を使った360°撮影

従来のスマートフォン360°撮影は、撮影者の手ぶれや位置合わせの誤差によりデジタルツインの品質低下が課題となっていました。
Matterport Axisは、モーター駆動式の自動回転雲台です。Matterport Axisは、360°自動的に回転するのでその課題を解決し、スマートフォンを装着することで一貫性を保った360°撮影が可能となり、実空間を忠実に再現したデジタルツインデータを作り出します。

例えば、多種多様な工事が同時に進行する建設現場での活用が進めば、従来の写真による日々の工事報告書にかわり、現場に従事する誰もが自身のスマートフォンで周辺環境を360°確認可能なリアルで高品質なデジタルツイン工事報告書が手軽に作成できます。結果、現場のコミュニケーション方法がアップデートされ、工事の進捗・品質管理者は、現場の状況把握がしやすくなり、労働時間の改善も期待できます。

弊社は、Matterport Axisの普及により、XR(VR/AR/MR)や360°画像で建設業界の工事進捗・品質管理をアップデートし、建設プロセスの脱アナログ化と現場従事者の利便性向上、働き方改革を支援します。
【Matterport Axis 購入場所(リセラーサイトURL)】
https://www.nohara-vdc.jp/matterport/axis
【Matterport Axis問合せ先】
野原ホールディングス株式会社 VDC事業開発部




建設/不動産業界の進捗・品質管理者が現場で抱える課題をデジタルで解決

図面や工程表、現場写真など多くのデータを扱う建設業界は、作業員の情報管理が課題となっており、簡素化・効率化が重要となっています。
特に、建設工事現場では多種多様な工事が同時進行で行われており、現場の状況把握は非常に大変です。
◆Matterport Axis™(マーターポート アクシス)の特長
Matterport Axisは、モーター駆動式の自動回転雲台です。
360°の自動回転により、空間を手軽かつ高精度に360°撮影できるのが特長で、付属リモコンで遠隔操作が可能です。非常に小型かつ軽量なため持ち運びにも適し、現場や営業所単位での所有もし易い価格になっています。
■自動回転する様子
◆建設・不動産業界での活用例
Matterport Axisを活用することにより、建設現場に従事する誰もが自身のスマートフォンを使って高品質なデジタルツイン工事報告書を作成できます。
ビジュアル的に空間を捉えやすいデジタルツインは、立体・平面ビュー、情報・メディアを付加できるマータータグ機能や、関係者との間でコメントやファイルのやり取りをタイムリーに行えるノー機能などにより、施主や現場従事者とのコミュニケーションも円滑にします。再撮影や再実測といったタイムロスの軽減も期待できます。

■デジタルツインを使った工事報告でできること
また、不動産業界において、賃貸物件の管理や、入退去時の記録、原状回復・修繕の証拠といった、物件担当者による日々の業務報告として、Matterport Axisの利用は最適です。
(Matterport Axisの特長、建設業界・不動産業界での利用例の詳細は別紙を参照願います。)

野原ホールディングス VDC事業開発部について

野原ホールディングスを中心とする野原グループは、「CHANGE THE GAME.クリエイティブに、面白く、建設業界をアップデートしていこう」をミッションとしています。
VDC事業開発部は、仮想空間でデザイン、視覚化、シミュレーションして最適な空間を実現するVDC(Virtual Design & Construction)という考えのもと、建設業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。https://nohara-inc.co.jp
<VDC事業開発部 主な事業内容>
1.設計・施工・維持管理などに関する情報の一元管理を可能にするBIM活用支援
2.AIによる図面読み取り自動積算WEB サービス「TEMOTO」
3.メーカー製品のBIMオブジェクト作成請負
4.2020年8月から国内正規代理店としてMatterport「Pro2 3Dカメラ」及びMatterportのクラウドサービスを販売、撮影・編集のサポート、開発 【WEB】https://www.nohara-vdc.jp/matterport/ 



用語解説

1.デジタルツインとは
現実の世界から収集した様々なデータを、まるで双子であるかのように、コンピュータ上で再現する技術を言います。
2. XR(Extended reality:エクステンデッド・リアリティ)とは
「VR」「AR」「MR」などの総称です。
VR(仮想現実)は、仮想の世界を現実のように体験できる技術。AR(拡張現実)は、現実の世界に仮想の世界を重ねて体験できる技術。現実世界の映像があり、その上に仮想世界の情報が重なるイメージ。MR(複合現実)は、現実に仮想世界を“融合させる”ことができます。

資料

・リリースPDF
https://prtimes.jp/a/?f=d19866-20220701-b0dd9d5da4baf5ccda72a5c8302d7957.pdf
・【別紙】Matterport Axisの特長、建設業界・不動産業界での利用例
https://prtimes.jp/a/?f=d19866-20220630-61ac1d867716634c6e64dde46a0b8a93.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン