企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ストレスチェックで広がる新しい採用戦略 採用支援プログラム『ALART DX』販売開始のお知らせ

(2018/3/23)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社ドリームホップ

 ストレスチェックで広がる新しい採用戦略  採用支援プログラム『ALART DX』販売開始のお知らせ

AIでミスマッチ解消、早期離職を防止

2018年3月23日 報道関係者各位 メンタルヘルス対策プログラムを提供する株式会社ドリームホップ(東京都新宿区、代表取締役 稲垣義文、以下 ドリームホップ)は、ストレスチェックデータを活用した採用支援プログラム『ALART DX』の販売を2018年4月1日より開始します。 本件は、ストレスチェック義務化プログラムとその集団分析データを活用した独自の適性検査機能が加わったサービスです。これにより雇用のミスマッチを防ぎ、早期離職の防止につなげることが可能となります。 現在、多くの企業で、人手不足によって、組織や経営に様々な支障や負担が生じています。ドリームホップは実効性の高い採用業務を推進し、人手不足とミスマッチの解消を支援していきます。


■『ALART DX』提供の背景
ドリームホップは、2015年12月から50名以上の事業所に義務化されたストレスチェックに関し、独自のストレスチェックシステム「ALART(アラート) 」を、1000社を超える企業や自治体等へ導入しております。その中で、職場環境改善を積極的に進めている企業に若手人材が集まっている傾向を発見しました。

また、内閣府が2018年3月2日に発表した「人手不足感の高まりについて」のレポートより、「中途採用において人員を確保できなかった企業が半数を超えている」現実が浮き彫りになりました。また、解決策としてミスマッチの解消、労働生産性の向上が提言されています。

ドリームホップはこれらの事実から、ミスマッチが高い確率で起こる要因を次の3点と分析しました。

1 職場環境改善対策の実施不足
2 選考時における効果的な判断ツールの不足
3 新入社員に対する入社後のケア不足

そして、この3点を解決するソリューションとして、『ALART DX』を提供することにしました。

『ALART DX』は、配属部署、職種等の属性単位で定着する人材を、自社の集団分析データから判断できる適性検査プログラム(特許出願済み:特願2018-43653)と、遠隔地等により面接が困難な応募者に対し、モバイル端末を利用した録画面接機能を搭載したRemotreQツール(商標出願済み:商願2018-32490)を提供し、ミスマッチを大幅に改善します。

また、入社後の新入社員のケアも提供します。(オプションサービス)

ドリームホップは、ストレスチェックが単なる法令遵守の枠に留まらず、採用業務に応用されることで、ミスマッチの減少、早期離職の防止につながるプログラムとして普及、浸透することを目指しております。

■『ALART DX』の特長
1. AI(人工知能)を搭載した精度の高いマッチングシステム
これまでのストレスチェック業務で培った分析ノウハウを基に、AIを活用して独自の職場適性モデルを開発し、適性検査に応用しました。これにより、早期離職につながるミスマッチを高い確率で防ぐことができます。モデルは機械学習や数学を研究している大学研究者が開発した精度の高いプログラムとなっております。

2. 採用プロセスを大幅に効率化するRemotreQ機能
遠隔地の候補者の選考で活用できる録画面接機能を保有しております。これは、企業側が応募者に対して動画による設問を作成し、応募者が設問に回答することによって、書類選考と一次面接を代替する機能です。この機能を活用することで、応募者、企業双方の面接業務の効率化、ミスマッチの予防につながります。

3. ストレスチェックと一体化した採用・労務一体化サービス
『ALART DX』利用には集団分析データが必要となりますが、ストレスチェック義務化対応を含んだ費用対効果の高いサービスとなっております。そのため、企業担当者は『ALART DX』を利用するだけで、職場環境改善対策から、採用業務効率化、新入社員のケアまで対応が可能です。

■『ALART DX』の概要
名称    :採用支援プログラム『ALART DX』
販売開始日: 2018年4月1日
利用開始日: 2018年6月8日
販売価格 : 年額195,000円(税別)~
サービス提供範囲: 全国

表『ALART DX』と他製品の比較


■今後の展開
企業の人手不足解消のため、様々な業務系クラウドシステムと連携することで業務効率化を進めて参ります。ドリームホップは企業の働き方改革を強く推進し、企業、従業員にとって満足度の高い職場環境を実現すべく、全社を挙げて取り組んで参ります。

■株式会社ドリームホップ会社概要
2005年6月設立。資本金1,650万円。代表取締役 稲垣義文。
メンタルヘルス対策および採用支援業務。
〒160-0016 東京都新宿区信濃町11-3 AK信濃町ビル
TEL: 03-5368-0408 FAX: 03-5368-0409
URL: https://www.dreamhop.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる