企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

1年集中型コーチング英会話で実務に耐える、「話せる」英語力が身につくトライズ「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を 2018年8月21日(火)に開校

(2018/7/27)

カテゴリ:その他

リリース発行企業:トライオン株式会社

1年集中型コーチング英会話で実務に耐える、「話せる」英語力が身につくトライズ「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を 2018年8月21日(火)に開校

~8月1日より「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」を実施~

トライオン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三木雄信)が運営する、1年集中型のコーチング英会話スクール『TORAIZ(トライズ http://toraiz.jp/ 以下トライズ)』は、急増しているお客様のご要望にお応えするため、トライズ学習センターにおいて全国最大規模となる「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を、2018年8月21日(火)に開校いたします。 この開校に伴い、8月1日より「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」を実施いたします。



 1年集中型のコーチング英会話スクール「トライズ」では、1年で実務に耐える、「話せる」英語力を身に付けるため、受講生一人ひとりのゴールに最適化させた英語学習サポートプログラムを提供します。担当イングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師とがチームとなって連携し、個別に受講生の学習支援を行なっており、受講生満足度95.7% ※1、学習継続率91.0% ※2という実績を持ちます。

 このたび、「丸の内のビジネスパーソン全員が英語を話せると日本は変わる!」をコンセプトとし、日本のビジネスの中心地である東京丸の内エリアにある丸の内北口ビルディング12階、「丸の内オアゾ」の上階にトライズ学習センターの中でも最大規模となる従来センターの約2.5倍のスペースを確保した「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を新規開校します。

 新しい「丸の内オアゾセンター」では、受講生の学習サポートのさらなる充実を目指し、トライズの受講生やイングリッシュ・コンサルタント、ネイティブ講師がより密接に、また活発にコミュニケーションできる“リビング”と呼ばれるフリースペースを設置しています。トライズでは、受講生同士や、イングリッシュ・コンサルタントやネイティブ講師との交流や関わりもトライズでの英語学習の大事な要素だと考えています。センターごとに異なるテーマで家具やレイアウトを誂え、通学すること自体にも価値を見出せる空間を目指しています。

 トライズでは、受講生に最適な英語学習環境を提供し、1年後に実務で耐え得る、「話せる」英語力という具体的で確実な結果が出せるよう、あらゆる面からサポートして参ります。
※1 当社お客様満足度調査(2018年6月実施)
※2 累計受講生(受講開始1ヶ月以内での退会者除く)の内、受講開始から完了までに退会していない受講生の割合(2018年1月当社調べ)

■「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」概要
開校日: 2018年8月21日(火)
住所: 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号
丸の内北口ビルディング 12階
お電話でのお問い合わせはお客様センターにて受付
お客様センター電話番号:0120-971-568
(月~土:10時~18時、日祝休み)

■「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」(※)概要
期間:2018年8月1日(水)~ 8月31日(金)
特典:月額受講料総額から150,000円OFF
対象:無料カウンセリング当日に12ヶ月一括にてお申込み頂いた方
(※)本キャンペーンは全センターにて実施


■TORAIZ(トライズ)サービス概要
トライズは、当社代表三木雄信の近著『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる』(PHP研究所)で公開されている「最短最速の英語勉強法」を効率的に実践する1年集中型コーチング英会話スクールです。週3回のレッスンを含め、1日3時間、1年間で1000時間の英語学習を行い、1年で不自由なく英語で会話ができるレベルを目指します。さらに受講生一人ひとりに、日本人のイングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師が専属で付きます。通常の英会話スクールで見られるように、ネイティブ講師のレッスンだけではなく、日々の学習サポートを提供し、1年後に必ず結果が出るよう日本人のイングリッシュ・コンサルタントがあらゆる面から受講生をサポートします。


■VERSANT(R)(ヴァーサント)
http://www.versant.jp/
VERSANT(R)は、仕事で使える実践的な英語力を測るテストであり、従来の英語テストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。つまり、リスニングテストとスピーキングテストが分かれているテストでは測れない、「英語を聞いてから英語で話す」という実際のシーンに沿った英語コミュニケーション能力を測ることができるテストです。英ピアソン社で開発された高度な自動言語認識システムを利用し、スマホアプリやパソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国国防総省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。

■トライオン株式会社 (http://www.tryon.co.jp/)
2006年12月設立。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信講座「脳内カレッジ」を運営。 2015年6月より1年集中型のコーチング英会話スクール「TORAIZ(トライズ)」を開始。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる