企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

秋田ケーブルテレビが自社ネットワークの脆弱性診断を実施

(2019/1/11)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社テリロジー

秋田ケーブルテレビが自社ネットワークの脆弱性診断を実施

~2020年に向け、国際イベントで採用された先端技術をテリロジーより導入~

株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦、以下「テリロジー」)は、サイバーセキュリティの高度化を推進する株式会社秋田ケーブルテレビ様(本社:秋田県秋田市、代表取締役社長:松浦 隆一、以下「秋田ケーブルテレビ」)へ、商用ネットワーク環境に潜む想定外の経路およびネットワーク機器やサーバーの脆弱性を可視化する『ネットワーク・リスク分析サービス』を提供しました。


【サービス導入の背景】
多くの企業が、「アプリケーション」や「プラットフォーム」の脆弱性診断を実施しているものの、「ネットワーク」の脆弱性については充分な対策を取らず、サイバー攻撃のリスクを放置しているのが現状です。 クラウドや仮想環境の導入が進む中、世界中で「ネットワーク」の脆弱性を標的としたサイバー攻撃、不正アクセスの脅威が高まっており、欧米を中心に、その対策が急速に進んでいます。

こうした中、秋田ケーブルテレビ様では外部公開サーバーに対するセキュリティ対策に加え、商用ネットワークの更なる堅牢化を推進すべく有効な対策を検討しており、この度、通信・放送業界で豊富な実績を誇る、テリロジーの『ネットワーク・リスク分析サービス』を導入、ネットワークやサーバーの脆弱性の可視化を実施しました。

テリロジーが提供する「ネットワーク・リスク分析サービス」は、国際的なスポーツイベントで採用された技術をコアに複数ソリューションの連携を実現、プラットフォームに加えネットワークの脆弱性をも徹底的に診断、日々進化するサイバー攻撃や不正アクセスのリスクを可視化します。さらに、リスクの優先順位付がなされることから、その優先度に応じた対策が可能となり、コストを抑えた効率的なセキュリティ対策を実現します。


【実施後の効果】
この度の『ネットワーク・リスク分析サービス』の導入により、ネットワークおよびエンドポイントのプラットフォームにおける脆弱性の可視化や攻撃を受けるリスクの数値化を実施、現在の課題の有無を把握することが可能となりました。


【今後の方針】
今後の計画として、本サービス内容を基にしたネットワーク・リスク分析ソリューションを社内ネットワークにも導入し、継続的な脆弱性リスク管理を実施、更なるサイバーセキュリティの高度化を推進していく予定です。
また、秋田ケーブルテレビ様では、サイバーセキュリティの高度化を実施したことに伴い、テレワークスペースや他データセンターのバックアップサイトとして 同社データセンターを他社に開放することも検討しています。


【サービスの特長】


米連邦緊急事態管理庁や米郵便公社をはじめとする政府機関、金融機関、製造業、通信事業者、電力・ガス供給事業者等に採用されているRedSeal社製ネットワーク監査プラットフォーム「RedSeal」を用い、ネットワークに存在する不正経路、ならびにネットワーク機器の脆弱性(設定ミスなど)を検出、ネットワーク内に存在する脅威を可視化、問題点の分析が可能。
米大手クレジットカード会社や航空機メーカー等で採用実績のあるRapid7社製プラットフォーム脆弱性リスク管理「insightVM」を用いて、サーバーの脆弱性を可視化、発見された脆弱性に対するリスクスコアや脆弱性修復状況を管理、合わせて改善プランを提供。
発見されたネットワークとプラットフォームの脆弱性リスクスコアを平準化し、テリロジーが自社開発したダッシュボードで一元管理することにより、脆弱性修復の優先順位付けを迅速に実施することが可能。



【テリロジー提供ソリューションの詳細はこちら】
URL:http://www.terilogy.com/solution/vrmsolution/index.html


【関連リンク】
脆弱性リスク管理サービス
URL: http://www.terilogy.com/product/vrmservice/index.html

*RedSealは、米国RedSeal,Inc.の登録商標です。
*その他、本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【株式会社秋田ケーブルテレビについて】
株式会社秋田ケーブルテレビは、秋田県秋田市をサービスエリアとするケーブルテレビ会社です。サービスエリア内にお住まいのお客さま向けインターネット接続サービス、多チャンネル放送サービス、電話サービスや、法人顧客向けデータセンター事業など、多様なサービスを提供しています。地域密着型の企業として、安定したサービス提供と充実のサポート体制で地域文化・コミュニティーの発展に貢献し、これからも地域のお客さまに役立つサービスを提供していきます。
https://www.cna.ne.jp/


【株式会社テリロジーについて】
株式会社テリロジーは、1989年に会社設立、セキュリティ、ネットワーク、モニタリング、ソリューションサービスの4つのセグメントを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーインテグレーターです。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、豊富な経験と実績を誇ります。
http://www.terilogy.com


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
テクノロジーソリューション営業統括部 VRMソリューション営業部
TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:vrm-sol@terilogy.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる