科学技術・大学

2019/9/19 05:00

東大、蓄熱セラ材を開発 低圧力で瞬時に放熱

東京大学大学院理学系研究科の大越慎一教授らは、長時間熱を蓄積でき、さらに弱い圧力を加えるだけでためていた熱を瞬時に取り出せる蓄熱セラミックスを開発した。酸化チタンの新物質「ラムダ五酸化三チタン」を合成。1リットル当たり237キロジュールの熱量を蓄えられることを明らかにした。自動車...

技術で未来拓く・産総研の挑戦(95)非接触の熱物性計測

■多彩な材料の熱拡散率評価 【電子機器の放熱】 多くの電子製品で発熱は大きな問題であり、速やかに余分な熱を逃がす放熱材料が機器の性能をも左右する。例えば、ス...

続きを読む

スピントロニクス素子、室温中で効率計算 東北大が開発

東北大学の大野英男総長や深見俊輔准教授らは、量子コンピューターの基本単位となる「量子ビット」と似た機能を持つスピントロニクス(電子の電荷とスピンを利用するエレク...

続きを読む

地球資源の探査効率化へ JAXA、観測装置「HISUI」公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、対象物の反射光を100以上の波長に分けて地球を観測する装置「ハイパースペクトルセンサーHISUI(ヒスイ)」を公開した...

続きを読む

内閣府、5国立大に交付金配分 外部資金の獲得努力評価

内閣府は国立大学の外部資金獲得の努力に対して交付金を配分する2019年度新規の「国立大学イノベーション創出環境強化事業」で、採択の5大学を決めた。国立大が目指す...

続きを読む

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2019/10/15

    本日15日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる