総合3

2019/10/11 05:00

インタビュー/旭化成名誉フェロー・吉野彰氏

■リチウムイオン電池、「再デザイン」の時期  2019年のノーベル化学賞は、リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローらが受賞することに決まった。小型で軽量、大容量の...

日本製紙、豪の板紙パッケージ部門を1243億円で買収

日本製紙は10日、豪州パッケージ大手のオーロラから豪州とニュージーランドの板紙パッケージ部門(板紙、...

続きを読む

セブン&アイ、22年度めど3000人削減 グループで大量閉店

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は10日、グループ企業で百貨店業態のそごう・西武と、総合スーパ...

続きを読む

電池材料評価の「リブテック」 研究者の憧れ/失敗も認める

2019年のノーベル化学賞受賞が決まった吉野彰氏が理事長を務めるリチウムイオン電池材料評価研究センタ...

続きを読む

日本の科学に貢献を 化学会会長

旭化成の吉野彰名誉フェローは10日都内で会見し、2019年のノーベル化学賞を受賞することが決まったこ...

続きを読む

「豊洲」開業1年 取扱量減少、歯止めかからず

■消費者の「魚離れ」で苦戦  日本の台所「豊洲市場(東京都江東区)」が開業して11日で1年になる。...

続きを読む

パンチ工業、社長に森久保哲司氏

【パンチ工業】森久保哲司氏(もりくぼ・てつじ)02年(平14)明治大政経卒。03年パンチ工業入社。1...

続きを読む

総合3面のニュース一覧(2019年10月10日)

総合3面のニュース一覧(2019年10月09日)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる