トップニュース

[ 自動車・輸送機 ]

(2018/9/20 05:00)

FCV内で水素精製 大高商事・岩手大が試作機開発へ

【宇都宮】大高商事(宇都宮市、伊原修社長、028・665・1911)は、岩手大学と共同で燃料電池車(FCV)用の「車上作動水素発生装置」とその関連機器の開発を進める。2018年度中に試作機を完成し3年以内の実用化を目指す。費用は大高商事が負担する。自動車内で水素を生む技術の実現で...

Joint Media

PR

ジャンル別ニュース

地域経済→ 記事一覧

↓もっと見る

↑閉じる

科学技術・大学→ 記事一覧

↓もっと見る

↑閉じる

金融・商況→ 記事一覧

↓もっと見る

↑閉じる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン