社説/ヘリウム不足 産学官でリサイクル促進を

(2019/12/30 05:00)

ヘリウム不足を、産学官連携で乗り越えていくべきだ。

日本物理学会や国立大学など計47機関は、需給が逼迫(ひっぱく)するヘリウム危機への対応を呼びかける緊急声明を出した。

ヘリウムは沸点がマイナス269度Cと全元素の中で最も低い。材料を液体ヘリウムに浸すと、蒸発熱などで極低温に冷やされる。超電導や量子効果を生み出す低温工学で、加速器ビームラインや核磁気共鳴断層撮影装置(MRI)などに広く使われている。産業界でも、半導体や光ファイバーの製造や溶接、リークテストなど広範囲で活用されている。

全量を輸入に頼るヘリウムの入手難と価格高騰は、以前もあったが、今回は一時的なものではなく、長期的構造的なものだ。声明では、ヘリウム不足にはリサイクルが必要で、それに向けた予算措置や規制緩和を求めている。

実は大規模な研究機関にはヘリウムの再生設備が置かれ、回収率は9割などとなっている。学術コミュニティーに貢献する使命を持つ「大学共同利用・共同研究拠点」の一つ、東京大学物性研究所は、そのリーダー格で、10月から自らの設備で、学外のヘリウムガスを受け入れて再液化する事業を始動した。

まず中小規模の研究機関や企業で、液体からガスになったヘリウムを回収バッグに集め、圧縮して高圧ガスボンベに保管しておいてもらう。これを産業ガスメーカーが物性研に運ぶ。物性研の液化設備でガスを液体にし、それをガスメーカーがユーザーに届ける仕組みだ。

ところがここで、高圧ガス製造保管の免許を持つ責任者が必要なことが、特にユーザー企業でハードルになるという。物性研は「ユーザーが免許なしで済むよう、小型のガス圧縮機を開発し、トラックに積んで搬送できないか」「ヘリウムは安定な物性であり、高圧ガス保安法の適用除外に変えられないか」などを議論している。

この取り組みは、学術研究機関が産業界や政府に働きかけるまれな事例だ。解決に向けて関係者の認識を高めてほしい。

(2019/12/30 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン