工業用地ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

推進協、彩都東部地区事業計画を見直し−工場・物流拠点も誘致

 彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会(大阪市中央区、06・6949・3191)は11日に開いた総会で、大阪府北部に造成中の彩都東部地区(大阪府茨木市、約367ヘクタール)の事業計画を見直すことを決めた。当初計画ではすべて住宅用地として分譲する予定だったが、付近に新名神高速道路が開通する計画が進んでいるのをにらみ、工場や物流センターなども立地できるよう都市計画事業の変更を検討する。09年度末までに事業の方向性を出す。

 彩都は大阪府箕面市から茨木市にまたがるニュータウン。西部地区、中部地区、東部地区の3地区でなる。東部地区は不動産不況の影響でマンションなどをさらに建設しても入居の見通しが立たないことから、住宅に加えて企業も誘致することにした。

 彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会は、大阪府や都市再生機構、茨木市や箕面市、阪急電鉄などで構成している。

 

【2009年5月12日付】

工業用地ニュース 地域別バックナンバー

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

岐阜の工場誘致好調−強固な地盤魅力、撤退跡地進出支援も奏功

スマートグリッド

スマートグリッド

東芝、横浜市内の約3500世帯対象にスマートシティー実証

職場なでしこ

職場なでしこ

フジテック・木村容子さん
「モノを作る喜びを感じてます」

業界展望台

業界展望台

丸鋸と丸鋸切断機―性能・品質でモノづくり支える

元気印中小企業

元気印中小企業

創業者の理念が脈々と生き続ける[藤堂工業]

彩々新製品

彩々新製品

博水社、ハイサワー風味のどら焼きをオンライン限定発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

新成長時代に挑むエクセレントテクノロジー 埼玉県西部地域