【ニュースまとめ】雇用調整助成金 ポイント解説

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた特例措置として、雇用調整助成金の受給要件が緩和された。雇用調整助成金とは景気変動や産業構造の変化などに伴う経済的理由によって、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が一時的に休業などを行う場合に、休業手当や賃金などの一部を助成するもの。受給申請のポイントについて、社会保険労務士の安藤貴裕氏に解説してもらう。

  • #05

    休業の実施 初日から1年間助成対象 (2020/4/28)

  • #04

    支給額と日数 中小助成率、最高10割 (2020/4/27)

  • #03

    申請書類 記載事項や添付書類削減 (2020/4/24)

  • #02

    事業主の要件緩和 設置1年未満でも助成 (2020/4/23)

  • #01

    制度の概要 新型コロナで要件緩和 (2020/4/22)

  • 関連記事

    休業手当支援で新制度 期限延長し増額 雇用調整助成金も拡充 (2020/5/27)

  • 関連記事

    雇用調整助成金オンライン申請で不具合 厚労省、稼働延期 (2020/5/21)

  • 関連記事

    厚労省、きょうから雇用調整助成金のオンライン申請開始 (2020/5/20)

  • 関連記事

    雇用調整助成金を迅速支給 手当支払い前でも申請可能に (2020/5/18)

  • 関連記事

    Q&A解説/雇用調整助成金 (2020/5/13)

  • 関連記事

    厚労省、雇用調整助成金の算定簡略化 新型コロナで特例措置 (2020/5/7)

  • 関連記事

    雇調金、助成率引き上げ 厚労省、休業で最大10分の9 (2020/4/14)

  • 関連記事

    厚労省、雇用調整助成金 申請手続き大幅簡素化 (2020/4/11)

  • 関連記事

    雇調金、申請書類の多さネック 柔軟な対応求める声 (2020/4/10)

  • 関連記事

    経済対策リーマン超え 給付金制度新設へ 安倍首相表明 (2020/3/30)


関連ニュース


» 関連ニュース一覧をみる