電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

512件中、10ページ目 181〜200件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

エーザイは6日、抗タウ抗体「E2814(開発コード)」のアルツハイマー病患者を対象とした第1相臨床試験を2018年度中に始めると発表した。アルツハイマー病の原因物質の一つと考えられてい...

同社はFBRIの保有設備を使い、アルツハイマー病の治験として、初めて人に薬を投与する臨床第一相試験を神戸で実施した。

個性発信・話題の商品/シャープ 老化物質測定機器 (2018/12/3 新製品フラッシュ2)

血管の機能低下や肌のたるみをもたらすほか、糖尿病やアルツハイマー病にかかりやすくなる。

【浜松】浜松ホトニクスはアルツハイマー病など認知症の早期発見につながる頭部用陽電子放射断層撮影(PET)装置向けに、時間分解能が高く、早くて正確な診断を可能にする検出器(MPP...

米バイオ医薬品会社のニューラルステムは、同社が開発した同社独自のヒト神経幹細胞であるNSI―532.IGF1の移植が、アルツハイマー病のマウスモデルにおいて疾患病理を緩和し、認知を改善すること...

東京医科歯科大学難治疾患研究所の岡沢均教授らは、アルツハイマー病早期の神経細胞内で生じている、たんぱく質の異常リン酸化が認知障害を引き起こしていることを明らかにした。... このたんぱく質が、アルツハ...

がんやアルツハイマー病などへの対策として期待される遺伝子治療薬の製造法を確立し、生活の質の向上や医療費削減、バイオ関連産業の競争力強化につなげる。

白鳥製薬、R&D増強 新実験棟の合成棟10月稼働 (2018/8/28 中小企業・地域経済2)

アルツハイマー病治療薬、希少疾病用医薬品など検討している」 ―原薬製造のトップを目指しています。

アルツハイマー病は、アミロイドβと呼ばれるたんぱく質など、原因たんぱく質が集合していくことで発症すると考えられており、早期発見が重要と考えられている。生きている細胞内で、たんぱく質同士が結合したり、化...

がんやアルツハイマー病などの患部を高精度に特定でき、より適切で患者の負担が少ない治療につながる。

さらに薬剤DBを利用し疾患と遺伝子の関係を調べるこの手法は糖尿病やアルツハイマー病など、遺伝的要因が関わる疾患に有効な薬剤を既存の医薬品から見付け出すことも可能。... 研究チームは、ゲノムワイド関連...

理化学研究所生命医科学研究センターの角田達彦チームリーダーらは、アルツハイマー病の原因遺伝子を新たに特定した。

【京都】島津製作所は7日、製薬会社や研究機関などを対象に、微量の血液からアルツハイマー型認知症の原因物質を検出する受託解析サービスを始めたと発表した。... アルツハイマー病や軽度認知障害は、発症の2...

2月に、微量血液からアルツハイマー病を早期検出する技術を発表するなど、島津製作所は最先端の研究を行っている。

「アルツハイマー病や糖尿病の原因とされるアミロイド線維の形成実験では、実験がスムーズに進み、すでに第2弾の実験が進行している。

ミクログリアはアルツハイマー病などと関わりがある免疫細胞として注目される。... ミクログリアは主に中枢神経系の免疫を担当し、アルツハイマー病に加え、疼痛やうつなどの疾患との関わりが報告されている。&...

タウタンパク質が蓄積した神経原線維変化は、アルツハイマー病などの神経変性疾患の特徴となっている。

量子科学技術研究開発機構(QST)放射線医学総合研究所の島田斉主幹研究員らは、アルツハイマー病患者において、脳内に蓄積した異常たんぱく質がアルツハイマー病の症状の一つである意欲低下と関...

さらに金井さんはアルツハイマー病や糖尿病の原因とされているたんぱく質の「アミロイド線維」の形成の実験も実施。... こうした成果は糖尿病の診断薬や抗がん剤の開発などにつながるだろう。 ...

タウタンパク質が蓄積した神経原線維変化は、アルツハイマー病などの神経変性疾患の特徴となっている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン