日刊工業 JOINT MEDIA 【製造現場 × デジタル】

記者の視点

特定ベンダーに依存しないライセンス(使用許諾権)不要の「オープンソースソフト(OSS)」の世界に異変が起きている。驚いたのは米IBMによる米レッドハットの買収で、約3兆8000億円を投じる。業界内では「高過ぎる」といった声も聞こえるが、IBMはそこに大きな価値を見いだした。OSSは白と黒が一瞬で入れ替わるオセロゲームのような側面がある。ITの巨人がこれをどう操るのかが見所。同時にクラウドなどのITのメガドレンドが新局面に入ることに注目したい。

斉藤 実 編集局第1産業部 編集委員

コンピューター雑誌の編集を経て、89年日刊工業新聞入社。郵政省、半導体・半導体製造装置、東証証券取引所、科学技術部(環境担当)をほぼ3年ごとに担当。科学技術部デスクを経て、2005年から第一産業部の編集委員として、主にIT・情報サービス産業を担当。

コンピューターを中核として、IT全般はほぼ網羅している。ハードウエアはプロセッサーの変遷からサーバ-、スパコンまで。ソフトウエア・サービスはミドルウエアからクラウドなど。IoTやAIもそこそこに。経済部時代は山一証券の廃業や損失補填問題なども取材。株式・債券市場の取材を通して、経済をマクロで見る視点も自分なりには持っているつもり。

製造業 × IoT 関連ニュース

進化するコネクテッド インダストリーズ/インタビュー

製造業 × AI・ロボット

製造業におすすめのデジタライゼーションサービス

Powered by 株式会社日立システムズ

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン