“光源”から“熱源”に挑む メトロ電気工業 × 日刊工業新聞

日刊工業新聞 担当記者の視点

赤外線カーボンランプヒーターを使用した金型加熱器で2017年度の省エネ大賞や、2019年愛知環境賞を受賞したことをきっかけに同社の赤外線カーボンランプヒーター「オレンジヒート」が広まった。電熱は自動制御が可能なため、火のように温度調整をする必要がなく工場での省人化にもつながる。レーザー加工機などを工場に導入したことで、オレンジヒートを利用した各種加熱器・乾燥機などの制御装置の設計の他、板金加工、組み立てまで一貫生産できる体制を整え、迅速に対応できるようになった。今まで電熱では考えられなかった分野への提案も期待できるだろう。    

岩﨑 左恵 日刊工業新聞社 名古屋支社 編集部

岩﨑 左恵 日刊工業新聞社 名古屋支社 編集部

2017年日刊工業新聞社入社。2018年から電機・情報通信などを担当。

メトロ電気工業NEWS 日刊工業新聞電子版アーカイブ

高効率・ハイパワーを実現。電気加熱事業拡大。

熱源とモノづくり 日刊工業新聞電子版アーカイブ

Powered by メトロ電気工業株式会社

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる