電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8,048件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

開発技術による導入で、がん細胞の死滅に成功した。がん治療や細胞内機能解析などへの応用が期待される。... 実際にがん細胞と正常細胞に乳酸オキシダーゼ酵素を導入した結果、導入効率は95%以上で、...

大迫健一氏(77歳、おおさこ・けんいち=ソディック食品機械事業部上席理事〈前加賀事業所長〉)25日胆道がんのため死去。

大阪大学の渡部直史講師らは、標準治療の実施、継続が困難な前立腺がんを対象とした医師主導の臨床試験(治験)を6月から始める。... 多発転移を伴う去勢抵抗性前立腺がんの患者には化学療法な...

田岡化学、高感度で放射線β測定 名大と液体材料開発推進 (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

がん治療などでは放射線のα線を使用する需要があるため、α線の測定についての評価も検討していく。

寺嶋一彦氏(71歳、てらしま・かずひこ=豊橋技術科学大学学長)21日がんのため死去。

ニュース拡大鏡/製薬、特許切れ対応カギ 大型薬、業績押し上げ (2024/5/24 生活インフラ・医療・くらし1)

成長の要因は、抗がん剤「イクスタンジ」や「パドセブ」といった主力製品だ。

英アストラゼネカ、30年売上高800億ドル がん治療薬柱に (2024/5/24 生活インフラ・医療・くらし2)

パスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は、がん治療薬を柱に同社で築いた遺産をさらに強化したい考えだ。 ... ソリオCEOが競争の激しいがん治療薬市場で他社との差別...

▽京都大学大学院理学研究科、畠山琢次教授(多重共鳴型TADF材料による高効率・高色純度有機ELデバイスの開発)▽九州大学高等研究院、安田琢麿教授(同)▽山梨大学国際流域...

そこで着目したのが、がん領域だ。がんの転移で骨の切除が必要となる場合がある。

中外薬、抗体を迅速開発 新製造棟で国内一貫体制 (2024/5/22 生活インフラ・医療・くらし2)

21年以降、第1相試験に進んだ医薬品候補の抗体はがん領域を中心に5品目にのぼるなどパイプラインは順調に拡大する。

クライフ/尿を送るだけ、がんリスク検査キット (2024/5/20 新製品フラッシュ2)

尿を採取して返送するだけで、全身の多様ながんの早期発見につなげられる。尿に混じるがん細胞の代謝物の測定や、蓄積した研究データから生まれた独自アルゴリズムでがんのリスクを判定する。「低・中・高」3段階で...

堺市は同社との連携協定を通じ、市民の運動習慣による健康増進の機会を増やすとともに、がん検診の受診率向上などの取り組みも進める。

過剰蓄積することでがんなどの疾患や老化に関与する活性酸素種(ROS)に応答して迅速に分解され、ROSによる細胞へのストレスを大幅に軽減する。... がん化した浮遊免疫細胞株をJigSA...

エーザイの前3月期、営業益33%増 抗がん剤など伸長 (2024/5/16 生活インフラ・医療・くらし)

アルツハイマー病(AD)治療薬「レケンビ」の開発費や販管費が増加したものの、抗がん剤「レンビマ」と不眠症治療剤「デエビゴ」が伸長した。

牛の体調に影響するえさの配合をにおいで測るほか、肺がん患者の手術前後の呼気を測定し、がん検知に役立てる。

メドメイン、8.5億円調達 AI病理診断支援システム開発へ (2024/5/14 中小・ベンチャー・中小政策)

同社はがん診断の需要増と、病理医の少なさとのミスマッチをAIシステムで解決することを掲げる九州大学発ベンチャー企業。

イオンビーム、光速の50%達成 量研機構など (2024/5/14 科学技術・大学)

大規模な加速器を使わずレーザー技術のみでがん治療に必要な速度のイオンビーム発生が期待でき、超小型の粒子線がん治療装置の実現につながる。... 粒子線がん治療は大規模な加速器と専用の建物が必要で、普及を...

九大、オルガノイドで膵がん治療効果を予測 (2024/5/14 科学技術・大学)

膵がん診断時の生検検体から効率よく膵がんオルガノイドを作製し、がんの特徴を示すサブタイプを1―2週間で判別することに成功した。... 研究グループは、臓器やがんの多様性を維持できるオルガノイドに着目。...

富士通は9日、テキストや画像、数値などの複数の異なる形式のデータを“ナレッジ(知識)グラフ”として統合的に学習することで、その大規模データから高精度に原因や内容を判定、推定する説明可能...

これまでRAD51は染色体を安定維持し、細胞のがん化を防ぐ因子であると考えられていた一方で、FIGNL1をはじめとする、RAD51の機能を抑制するたんぱく質群が存在する理由ははっきりと解明されていなか...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン