27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

飛行ロボット(ドローン)についてもスカイポーツと手を組み、日本での事業化に向けて検討を進めており、次世代エアモビリティー事業を加速する。

「ここ数年は(エアモビリティーの)黎明期。... 複数のエアモビリティーが飛び交う空間では、最適な航路や運航ダイヤの管制が求められる。... バーティカルは世界の名だたるエアモビリティ...

“エアモビリティ”とは、身近で手頃な空の移動手段を指す。

総合商社が飛行ロボット(ドローン)や空飛ぶクルマなどのエアモビリティーを活用したビジネス展開に向け検証を進めている。... 経済産業省も官民協議会を通じてロードマッ...

第3期の成果を「航空機運用統合調整システム」として実用化し、危機管理に関わる政府機関(内閣官房、内閣府、防衛省、海上保安庁、国土交通省など)や自治体への普及を目指すとともに、D-...

三井住友海上は空を飛ぶホバーバイクをはじめ、将来の普及が期待される次世代型エアモビリティーの事故リスクなどを解析することで関連商品の開発につなげる。

JAL、無人ヘリで食品輸送実証 離島地域に新物流網 (2021/11/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

JALは飛行ロボット(ドローン)を使った物流や「空飛ぶクルマ」の実用化を目指し、21年4月に「エアモビリティ創造部」を発足。

京浜急行電鉄、AirXと資本業務提携 (2021/11/4 建設・生活・環境・エネルギー2)

両社はこれまでエアモビリティーを活用した観光プランの実現や三浦半島の回遊性向上を目的とする「SKY RESORT MIURA」プロジェクトなどに取り組んできた。 &#...

【JALのエアモビリティー】遠隔運航の人材育成 次世代技術の積極的な導入で、長期的な展望も描く。JALはエアモビリティー領域での新規事業の創造を狙いに「エアモビリティ創造部」を発足。...

「空飛ぶクルマ」に代表されるエアモビリティー分野の新規事業創出を目指し、国内市場や機体認証、離発着に必要なインフラなどを調査する。両社共同で日本におけるエアモビリティーの活用を推進し、2025年頃の運...

エアモビリティ(東京都新宿区、浅井尚社長)は、スイスの「空飛ぶクルマ」メーカーのデュフォー・エアロスペース(チューリヒ)と日本市場での代理店契約を結んだ。... エアモ...

米国子会社に専門部署を設け、航空宇宙や都市部向けエアモビリティー開発が盛んな北米市場を開拓する。

コロナ禍で航空機需要が激減、車向けも開発は減ったが、民間宇宙ビジネスやドローンビジネス向けで需要が増え、直近半年間のうち全体の25%がエアモビリティー分野だ。... その部分はエアモビリティー...

まずは空飛ぶタクシーや貨物機といった「都市型エアモビリティー」を対象に、電動推進ユニット(EPU=写真)を共同開発。

垂直離着陸、気軽に移動 運航ノウハウ生かす JALは20年、住友商事、米ベル・テキストロン(テキサス州)とエアモビリティー分野での共同研究...

損害保険会社も「空の移動革命」に熱い視線を送る中、三井住友海上火災保険はこの領域で主導権を握るべく次世代エアモビリティーへの関与を強めている。

三重県、エアモビリティ(東京都新宿区)と将来の実用化を目指した包括協定を結んだ。

特に電動航空機「空飛ぶクルマ」やドローン(飛行ロボット)物流などのエアモビリティーを「地域活性化の要素」(赤坂社長)と位置づけ、運航管理事業に力を注ぐとした。 ...

JAL・独ボロコプター、eVTOLで業務提携 (2020/9/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

JALは航空機による安全運航のノウハウを生かし、次世代エアモビリティーの運航プラットフォーム構築を視野に入れる。

エアモビリティー社会が実現すると、多くのUAVが飛び交うことが想定され、運航管理システムが必要になる。

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン