105件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

豪でサイバー犯罪増加 (2021/9/17 総合2)

【シドニー=時事】オーストラリア政府機関、豪サイバー・セキュリティー・センター(ACSC)は、2020―21年度(20年7月―21年6月)の年次報告書を公表した。サイバー犯罪の通報件数が約6万7500...

高度な知識がなくてもランサムウエアを扱えるようになり、サイバー犯罪のすそ野が広がっている。 ... コロニアルへの攻撃は「Darkside(ダークサイド)」と呼ばれるサイバー犯罪集団...

取引先からの信頼を守るためにもサイバー犯罪対策は「ビジネス継続に不可欠」(高橋氏)と強調する。 もちろん犯罪者を野放しにするわけではない。... こうして育んだ結束が、サイバー犯罪撲...

サイバー攻撃総合対策 トレンドマイクロが新組織 (2020/11/25 電機・電子部品・情報・通信1)

具体的には、同社の製品・サービスの安全性を評価する「トランスペアレンシー・センター」、日本国内の法人組織を狙う高度なサイバー攻撃などに関する情報を発信し対策支援を行う「スレット・インテリジェンス・セン...

三井住友海上火災保険は18日14時から、コロナ禍で深刻化するサイバー攻撃の脅威をテーマに「サイバー攻撃対策セミナー」をオンラインで開く。... 警視庁サイバーセキュリティ対策本部から講師を招き、サイバ...

NEC、国際機構にサイバー犯罪捜査演習提供 (2020/11/2 電機・電子部品・情報・通信)

NECは、仏リヨン市に拠点を置く国際刑事警察機構(インターポール)主催のサイバー犯罪捜査演習「デジタル・セキュリティ・チャレンジ」において、演習シナリオの作成や解析対象となるデータの開発などを支援した...

【ワシントン=時事】米司法省は21日、米国や日本など世界の企業・団体にサイバー攻撃を仕掛けて大量の情報を盗み出したとして、中国人ハッカー2人が企業秘密窃盗などの罪で西部ワシントン州の連邦地裁に起訴され...

防犯カメラは事件・事故の発生状況を記録するのみならず、事後の解析による犯人の特定や、防犯カメラの設置・周知による事前の犯罪抑止にも貢献してい...

標的型メール攻撃増加傾向 警察庁が公表した2019年のサイバー犯罪検挙数は過去最多の9519件、把握された標的型メール攻撃は5301件にのぼり、ここ数年増加傾向にある。... さらに...

横河電、情報セキュリティー認証取得 (2020/1/31 機械・航空機 1)

今回の取得でサイバー犯罪の脅威にも対応する企業として存在感をアピールし、安全な製品の提供を行っていく。

トレンドマイクロは、2020年に国内で起こりうるサイバー犯罪について、東京五輪・パラリンピックに便乗した脅威やサプライチェーンに向けた攻撃、人工知能(AI)を悪用した詐欺行為が予測できるとの報告をまと...

NEC、インターポールと提携継続 サイバー対策 (2019/11/27 電機・電子部品・情報・通信1)

提携により、前回の契約と同様に、インターポールがシンガポールで実行するサイバー犯罪プログラムに、サイバー犯罪の捜査や犯罪者の特定、犯罪兆候の発見に寄与するサービスを提供する。加えて、新たにインターポー...

サイバー犯罪がビジネス化し、攻撃コストが下がっているほか、重要インフラの破壊テロも起こっている。  

大阪府警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課の奥田良警部補は「部外者、内部者も含めサイバー犯罪はなかなか減らない」と指摘する。府警は同セミナーでパソコンを不正に遠隔操作する犯罪のデモを中小経営者らに実演...

海外データ保護規制 トレンドと日本企業への影響(7) (2019/8/6 電機・電子部品・情報・通信2)

セキュリティー等級保護制度への対応 【リスク高まる】 近年、世界中で多くのサイバー犯罪やセキュリティーインシデントの発生など、サイバーセキュリティーのリスクが高まっ...

日本IBM、製品・サービス侵入テスト開始 攻撃者視点で報告 (2019/6/20 電機・電子部品・情報・通信1)

エックスフォース・レッドは、ネットワークやソフト・ハード脆弱性や人的エラーによる脆弱性をサイバー犯罪者よりも早く発見し、必要な対応を提言する。... また、IoT(モノのインターネット)やクラウドの利...

メンバーを今後順次、行政機関や地方自治体、インフラ・サイバー関連事業者らに広げる。... サイバー攻撃の複雑化に伴い、被害を受けた組織単独の対応には限界があるとし、関係機関と連携を図る。... 協議会...

トレンドマイクロ、NISCと連携 サイバー分野の脅威情報提供 (2019/3/5 電機・電子部品・情報・通信1)

トレンドマイクロは、これまで米連邦捜査局(FBI)やインターポール、日本国内の法執行機関に協力し、サイバー犯罪の撲滅を支援してきた。

広島銀、サイバー対策セミ (2019/2/22 金融)

県内のサイバー犯罪の現状を踏まえて、サイバーリスクの実態と対策のポイントを解説する。

以来、ITの発展に呼応するようにサイバー犯罪も拡大の一途をたどっている。... 攻撃を仕掛ける人は、一過性のいたずら者から個人レベルの犯罪常習者まで、さまざまな規模の犯罪集団がグローバルに存在している...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる