26件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前週末比767.27ドル(2.9%)安の2万5717.74ドルと、1日の下げ幅としては今年最大となった。ハイテク株中心のナスダック総...

優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比660.02ドル(2.8%)安の2万2686.22ドルで取引を終えた。  ... 米国株も大幅安で始まった。&...

NY株265ドル高、通年ではリーマン以来10年ぶり下げ幅 【ニューヨーク=時事】2018年最後の取引となった12月31日のニューヨーク株式相場は、米中貿易摩擦緩和への期待感から反発し...

優良株で構成するダウ工業株30種平均は前営業日終値比1086.25ドル高の2万2878.45ドルで終了。... ダウは24日までの4営業日で1800ドル超下落。26日のダウは取引序盤に...

26日から代表的な米株価指数であるダウ工業株30種平均の構成銘柄から除外された。

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は工場向け発電機部門をプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社アドベント・インターナショナルに30億ドル(約3300億円)以上で売却する合意に近づいている...

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は19日、1世紀余りにわたって構成銘柄に組み入れられていたダウ工業株30種平均から除外されるという屈辱を受けた。  ... GEは18年のダウ平均...

米中両国の報復関税案を受けて動揺していた市場にとって、今回の大統領発言は政権からの新たな融和的シグナルと受け止められ、S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は上昇した。  

優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比572.46ドル安の2万3932.76ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は161.44ポイント安の6915.11で引...

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ヘルスケア事業の一部をプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ベリタス・キャピタルに10億5000万ドル(約1113億円)で売却することで同社と合意し...

トランプ米大統領が中国製品約500億ドル(約5兆2800億円)を対象とした大規模な関税賦課を命じた後、S&P500種株価指数は2月初旬以来で最大の下げとなり、ダウ工業株30種平均は下げ幅を700ポイン...

これに反応しS&P500種株価指数は大きく下落、一時100日移動平均を下回った。またダウ工業株30種平均も400ドルを超える下げとなった。... ダウ工業株30種平均は420.22ドル(1&#...

「トランプ相場」と呼ばれるトランプ大統領就任に伴う株高は、フーバー大統領の就任後の株高と非常によく似ている。  ... 下記のチャートはダウ工業株30種平均が29年9月3日に記録した...

S&P500種株価指数は終値ベースで2カ月ぶりの低水準。... ダウ工業株30種平均は前日比1000ポイント超下げて終了。... S&P500種は前日比3.8%安の2581.00、ダウ...

NYダウと日経平均株価の大幅下落を示す電光ボード(9日午前、時事)  9日の東京株式市場は、前日の米国株急落を受けて運用リスクを回避する売りが...

テスラ株は8.6%安で引けた。  8日の米株式市場でダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数は共に昨年11月以来の安値に落ち込んだ。

ダウ工業株30種平均は1600ドル近く下げる場面があった。... S&P500種株価指数も同様の動きを見せたが、下落率はダウ平均を下回った。... ダウ工業株30種平均は1175.21ドル(4...

東京株式市場で一時、前日比1400円を超える下落幅となった日経平均株価を示す電光ボード(6日午後、東京・八重洲、時事)  米国の長期金利上昇をきっかけとした世界的...

ダウ工業株30種平均のこの日の下げ幅は、午後3時10分に1597.08ポイントまで拡大。

わずか15分間で起きたあまりに速いペースでの売り注文殺到は、生身の人間の仕業とは思えず恐怖を感じた関係者が多かった(ブルームバーグ) 生身の人...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる