999件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

コロナ禍でオンライン授業やテレワーク向けの需要も高まり、スマホが日常生活に占めるウエートは高まる。

コロナ禍はテレワーク普及など働き方改革を促すとともに、景気悪化で企業の改革が後手に回る恐れもある。

今後もテレワークを前提とした仕組みを導入することを表明したり、単身赴任のあり方を見直したりする動きがあるものの、多くの企業にとってはコロナ後を見据えた人事・雇用制度の抜本改革はこれからだ。 &...

いずれも金融機関などの審査を経て決定 ・保証料率=セーフティネット保証4号、同5号、危機関連保証に該当する場合は0・0%、前記以外の場合は0・1% ・問い合わせ=高...

コロナ禍によって急速に広まるテレワーク。

いずれも金融機関などの審査を経て決定 ・保証料率=セーフティネット保証4号、同5号、危機関連保証に該当する場合は0・0%、前記以外の場合は0・1% ・問い合わせ=高...

一方、首都圏企業のテレワークが進んだことなどから企業関連の地方への人口移動は定着し、東京一極集中の是正につながる可能性があるという。

経営士の提言/「テレワーク」と「良・安・速」思考 (2020/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

テレワーク、対話の壁が問題に/「良・安・速」議論で思考の一体感を 最近、従業員100人前後の特殊機械メーカーの社長から相談を受けた。... テレワークの利用を避けて通れなくなってしま...

いずれも金融機関などの審査を経て決定 ・保証料率=セーフティネット保証4号、同5号、危機関連保証に該当する場合は0・0%、前記以外の場合は0・1% ・問い合わせ=高...

そのため、ABWやテレワークなどの働き方改革を積極的に進めているわけだ。

デジタル変革(DX)はテレワークから始める。

ニュース拡大鏡/ホテルの空き客室、シェアオフィスに JTBなど (2020/9/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

新型コロナによる時差出勤やテレワークの推奨で、自宅や会社でもない“サードプレイスオフィス”への関心は高い。... 【事業者と連携】 各ホテルでも個別にテレワーク向け客室利用の訴求に力...

東京都は都内企業、特に中小企業のテレワーク定着に向けた政策メニューを整えた。... テレワーク東京ルールに関する共同宣言も発出した。 ... テレワークを希望する求職者とのマッチング...

いずれも金融機関などの審査を経て決定 ・保証料率=セーフティネット保証4号、同5号、危機関連保証に該当する場合は0・0%、前記以外の場合は0・1% ・問い合わせ=高...

テレワークやウェブ会議と同じだ」 【記者の目/中長期的な管理体制構築を】 人工呼吸器などの医療機器は定期的なメンテナンスが必要。

経営ひと言/日立システムズ・柴原節男社長「仕事管理を模索」 (2020/9/15 電機・電子部品・情報・通信2)

「完全にテレワークはせず、週1―2回は出社する」と話すのは、日立システムズ社長の柴原節男さん。

大阪商工会議所は、テレワークに対応したサイバーセキュリティー体制を中小企業に普及するための実証を9月中に始める。統合脅威管理(UTM)機器提供と、インシデント発生時の駆けつけ・リモート支援、画面転送型...

テレワークはその最たるものだが、ここではもう一つ、副業についてあげておきたい。

オリィ研究所の吉藤健太朗代表は「遠隔で働くテレワークが進んでいるが、肉体を使う仕事も生身ではなくロボティクスでテレワークができるようにしたい」と構想を語った。 &...

また、変化を職業別にみると、保育や教育関係など子どもとじかに接する仕事では満足度の低下幅が際だって大きく、続いてサービス業や医療・福祉、小売業などテレワークでは代替しにくい対面サービスの悪化度合いが顕...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる