電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

539件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

Metの酸化反応特性を利用し、疎水部にMetを導入したペプチド「JigSAP―MMM」を合成した。 同ペプチドは水中で超分子ナノファイバーへ自己集合し、流動性の低いヒドロゲルを形成す...

小野薬品、PRISMと提携 がん領域の医薬品創製 (2024/5/2 生活インフラ・医療・くらし)

PRISMが持つ低分子によるペプチド模倣技術「PepMetics技術」を用いて、創薬標的に対する候補化合物を共同で創製する。

抗がん剤耐性細胞の診断法として、ペプチド核酸(PNA)プローブを開発してきた。

塩野義、ファンヘップと提携 花粉症治療薬で (2024/3/12 生活インフラ・医療・くらし)

ファンヘップが前臨床試験中の花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)向け抗IgE交代誘導ペプチド「FPP004X」の全世界での独占的研究開発、商業化権を取得するオプション権を得る。

光と熱で変形制御 北大、分子スイッチ開発 (2024/2/29 科学技術・大学1)

ペプチドや高分子の中に組み入れると刺激によって形が変わり、機能を切り替えられる。 ... まずはペプチド医薬への応用を進める。

ファンペップ、抗体誘導ペプチドで心不全向け研究 (2024/2/12 生活インフラ・医療・くらし)

ファンペップは抗体誘導ペプチドの新規研究テーマとして、心不全(標的:IGFBP7)を対象とする研究を開始した。東京大学大学院の小室一成特任教授が日本医療研究開発機構(A...

ロート、成長期支える子ども用飲料発売 (2024/1/30 生活インフラ・医療・くらし)

栄養成分としてビタミンCとビタミンB6を追加したほか、GABA、αーGPC、酵母ペプチドも新たに加えて計16種類の成分を配合した。

I―ne、毛穴・バリアー機能整う 2ブランド投入 (2024/1/26 生活インフラ・医療・くらし2)

まず高機能ペプチドなどを配合して1本でスキンケア完了が可能なスキンアウェイクニングエッセンスを投入する。

ロート製薬/成長期に大切な成分配合の飲料 (2024/1/22 新製品フラッシュ1)

成長期に大切なカルシウム、ビタミンD、鉄、ビタミンC、ビタミンB6の五つの栄養成分に加え、GABAや酵母ペプチドなど計16種類を配合した栄養機能食品。

ミルクペプチドに骨成長・赤血球増加機能 ロートなど発見 (2024/1/9 生活インフラ・医療・くらし)

ロート製薬と三重大学は、牛乳たんぱく質由来のペプチド素材であるミルクペプチド「オリゴミル」が成長期の骨を成長させ、貧血モデルの赤血球を増やす機能を持つことを発見した。... オリゴミルはアミノ酸が複数...

そうしたプログラムを用いて、ペプチドから複雑な抗体や酵素など幅広い人工たんぱく質を作製し、それらによるがんの治療を模索するスタートアップも誕生している。

アイエヌイー、肌バリアー保つ新ブランド投入 (2023/12/12 生活インフラ・医療・くらし)

肌の皮脂と近似した保湿成分のプリンセピアウチリス種子油を配合した美容オイル層、細胞間脂質など3要素や高機能ペプチドを配合した美容液層の2層式にして、美容液層の新鮮さを保つ。

抗体誘導ペプチド技術(ペプチド治療ワクチン)を用いた医薬品開発の知見に基づき、タウ伝播を抑制する抗リン酸化タウ抗体誘導ペプチドの研究開発を行い、アルツハイマー病に対する新規根本治療薬の...

ヒオウギエキスが日焼けシミ抑制 ロート製薬が発見 (2023/11/21 生活インフラ・医療・くらし)

シミ形成のメカニズムを研究した結果、ヒオウギエキスはUVを浴びると増える活性酸素種(ROS)の消去力が高く、UVダメージで発現が高まる血管収縮作用ペプチド「エンドセリン―1」と炎症伝達...

次なる成長へ 出雲からの変革 神戸天然物化学(上)量産向け設備増強 (2023/11/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

同社では低分子医薬品に加えて、これまで培ってきた有機合成技術を軸に、核酸やペプチドなど中分子医薬にも力を入れる。

塩野義、持田薬と提携 不眠症経口薬の国内販売 (2023/11/2 生活インフラ・医療・くらし)

ダリドレキサントは覚醒を促す神経ペプチド(オレキシン)の受容体への結合を選択的に阻害し、過剰な覚醒状態を抑えて睡眠状態へ移行させる。

理化学研究所の沼田圭司チームリーダーと吉永直人基礎科学特別研究員らは1日、細胞中のミトコンドリア内部で高効率な遺伝子発現を実現する新規機能性ペプチドを開発したと発表した。... ペ...

抗不安作用を持つ神経ペプチドを合成すると130ミリグラムを90%以上の純度で得られた。... ペプチドのC末端にアミノ酸をつないでいく合成手法をブロック単位に拡張した。C末端でペプチドを伸ばす...

何かのきっかけで三叉神経が刺激され、その末端から炎症を起こす物質(サブスタンスPやカルシトニン遺伝子関連ペプチド〈CGRP〉)などが出ることで脳硬膜の血管周囲に炎症が起こり、その刺激に...

【名古屋】中部大学は21日、ペプチド化合物の合成技術を研究する山本尚卓越教授らが設立したペップイノーバ(名古屋市西区、満田勝社長)を「中部大学発ベンチャー」の称号第1号に認定したと発表...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン