電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

信州大学の青野光准教授らは、地上の3分の1の大気密度でハチドリロボットを浮かせることに成功した。... さらに大気の薄い火星で飛行するロボットの開発につなげる。 ...

地球からの高度200キロメートル付近の熱圏の大気密度が50%増加したことが既存の大気モデルから予測可能だったかを検証。過去の観測データに基づき作成されたモデルでの大気密度の増加は25%...

(飯田真美子) 探査機打ち上げ 大気・土壌など環境観測 &#...

ただ、大気密度が小さく揚力は100分の1なので、飛行には地球と比べて33倍の揚力が必要となる。

一般的な衛星が周回するのは地球の上空600キロ―800キロメートルだが、高度が200キロ―300キロメートルまで下がると、大気密度が高くなり大気の抵抗が1000倍にも急増する。この高度では重力で衛星が...

さらに地球付近の大気密度を調べる実証実験も行う。... その間、衛星に積まれたセンサーにより大気の密度を計測。地上局を利用した衛星の位置情報と併せ、大気の密度分布を調べられる。

光学センサーを載せることを想定し、これまで観測されていない高度180キロ―250キロメートルの大気密度を調べる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン