電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

女性活躍推進法と聞いて、「女性管理職を増やすための法律」だと認識する方も多いだろう。... 女性活躍推進法は「女性管理職を増やすこと」を目的とした法律ではないのだ。 ... 昇進・昇...

2016年には働く女性の活躍を後押しするため、女性活躍推進法が施行された。 ... また、女性自身の昇進への意欲の低さも指摘されているが、少なくとも私のこれまでの経験では、登用の目的...

一方、女性登用の進まないもう一つの要因として、「昇進昇格を嫌がる」「責任ある仕事を任されたくない」「プレッシャーの中で仕事したくない」という女性自身の意識が有る。 ... ...

10年以降上昇を続けてきた女性の労働力率がコロナの影響で頭打ちになり、女性が労働市場から退出する動きが顕在化。... 例えば、介護職は女性が多いなど性別による職種分離がみられるが、女性職の賃金水準が高...

女性の健康をテクノロジーで解決する「フェムテック」。... 産官で支える 心身に寄り添う 女性活躍が掲げられる中、多くの企業で女性の管理職・役員への登用が進む一方、中高年の女...

上司のマインドを変え、男性の育休を増やし、女性自身がキャリアアップを考えることで本当の女性活躍を目指す。... そこで同社では女性自身がキャリアアップのための働き方を考え、提案するPJ型研修なども行う...

さらに海外の先進的な女性リーダー育成プログラムなどの取り組みを調査して、女性役員候補者の育成のあり方について検討を行い、国際的に活躍する女性リーダー育成モデルプログラムを作成した。... 今後は、女性...

J―Winが大阪に支部 女性登用、関西の旗振り役に (2017/7/13 中小企業・地域経済2)

J―Winは女性をはじめ、多様な人材の活用を後押しする。... 男性も女性に触発されて新事業を立ち上げた」と明かした。 ... J―Winの内永理事長も、男性に加え「積極的なキャリア...

健康なくして女性の活躍なし―。... 厚生労働省の「えるぼし認定」は、労働時間の長さや女性の勤続年数、管理職に占める女性の割合などを基準とした。 ... 【米は検診が常識】 ...

今後、職場で女性の活躍が進むかという質問には全体で76・8%が「進む」と回答した。一方、女性が活躍する上で必要な要素についての質問は「女性自身の能力・経験」が35・8%と前年から15・...

2016年4月に施行するいわゆる”女性活躍推進法“にあたり「労使共同と女性の声から考えることが重要だ」と説くのは、関西経済連合会副会長(岩谷産業会長兼CEO)の牧野明次さん。 ...

今、日本は成長戦略として女性リーダー・技術者を増やすことに力をいれている。... まず、女性幹部の量的拡大ができないのは、「オールドボーイズネットワーク」起因の女性自身の圧倒的な経験不足があるレベル以...

企業の女性リーダーを育成するNPO法人「J―Win」の内永ゆか子理事長は「育児支援など一般的な女性支援策だけでは技術系女性の活躍は広がらない。... 一方でJ―Winは、女性自身に自立を求める活動にも...

女性にはキャリア志向の人もいるし、家庭を大切にしたい人もおられる。女性でありながら男性的な働き方をするのも一案であるが、せっかく、女性に生まれてきたからには、女性の特性を生かしつつ、男性に引けを取らな...

もちろん、それに甘えているだけでは駄目で、働く女性自身の意識改革も必要である。... つまり、女性自身が、女性という立場に甘えず、常に自己研さんし独自の能力を高め、仕事観を築き上げる必要がある。......

特に女性の就業環境や起業の意義を独自視点で分析しているのが特徴で、起業により創出される課題解決型ビジネスが女性の社会参加を促し、結果としてサービスが一層拡大する「好循環」をもたらすと指摘した。 ...

行動を阻む家事や子育ての軽減がなされても、女性自身のモチベーションが低ければ女性管理者は増えない。仕組みの不足だけでなく女性自身の意識変革をしなければ202030は成り立たない。女性自身の潔さが望まれ...

東京・多摩地域で女性パートが高付加価値のモノづくりで力を発揮している。... 結婚や妊娠を機に退社した女性をパート採用して戦力としている。 ... 「女性の管理は女性に限る」(...

女性は自分自身のキャリアアップを非常に重視していて、男性のように企業の一員として何ができるかというようなことをあまり考えていないとのことでした。... 女性自身、結婚するまで一生懸命働いて、結婚後は専...

年齢が近い「少し先輩」の理系女性を間近に見ることで、理系選択時の将来像がイメージしやすくなる。... 豊かな感性と鋭い直感を持つ女性研究者が社会で求められていながら、現状の女性研究者数は先進国で最低レ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン