134件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

アストロスケール(東京都墨田区、小山貴義社長)は、2020年度補正予算に計上された経済産業省の宇宙開発利用推進研究開発(宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発)を受託した。同社は宇宙の持続可能...

宇宙ゴミの回収でトラス構造をつかむ目的で開発した。... 宇宙ゴミのトラスをつかみ、向きを変えて引き寄せるといった作業に使える。... 宇宙空間での把持は捕獲の対象物が浮遊しているため、つかみ損ねると...

オゾン層に巨大レンズを作れば「地上からレーザーで宇宙ゴミを焼ける。宇宙に行かなくて済む」と説明する。広大な宇宙空間での掃除が、地に足のついたものになる。

地球の周囲を回る宇宙ゴミが宇宙開発の妨げになっているとして問題になっている。 スペースシャトル搭乗時に宇宙ゴミの脅威を経験した。... 宇宙ゴミの増加を抑えるには多くの人の協力が必要...

宇宙ゴミの除去技術実証衛星を3月に打ち上げる。 人工衛星や宇宙に行く人の数が増えるとともに宇宙ゴミも増えていく。... 「軌道上でロードサービスを展開したい」と宇宙開発を促すインフラ...

「『遠い宇宙から見れば地球は小さく薄い青い点にすぎない。... “青”二才のように謙虚かつ貪欲な好奇心を持ち、宇宙というブルーオーシャンを文化圏にするために挑む開拓精神を込めた」 ―...

都、VB向け開発費支援事業 AIメディカルなど選定 (2021/2/9 中小・ベンチャー・中小政策)

これまでに「空飛ぶクルマ」を開発するスカイドライブ(同新宿区)や宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去サービスを開発するアストロスケール(同墨田区)などを採択した。

アストロスケールホールディングス(東京都墨田区、岡田光信最高経営責任者〈CEO〉、03・6658・8175)は21日、スペースデブリ(宇宙ゴミ)除去技術実証衛星を3月20日にカザフスタンのバイコヌール...

はやぶさ2で培った技術を火星衛星探査などの次期宇宙探査に生かしていく。宇宙開発の成果は国民の暮らしに還元されるべきだと考えている。... またスペースデブリ(宇宙ゴミ)対策など宇宙活動の新しいルール作...

政府は「スペースデブリ(宇宙ゴミ)に関する関係府省等タスクフォース」の今後の取り組み方針を決めた。... また、宇宙ゴミの低減に向けた日本が主体的に取り組む案を提示した。増え続ける宇宙ゴミを世界に先行...

スペースデブリは人類が宇宙に飛ばしたロケットや衛星の残骸、「宇宙ゴミ」である。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、スペースデブリ除去を新しい宇宙ビジネスとして開くことを目的に、「商業デブリ除去...

今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「宇宙基本計画」が5年ぶりに改定された。宇宙安全保障の確保や災害対策、国際宇宙探査、民間企業の参画などを目標に、具体的に取り組む内容が盛り込まれた。...

経営ひと言/スカパーJSAT・米倉英一社長「独自性生かす」 (2020/7/7 電機・電子部品・情報・通信2)

6月にはスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去事業参入を発表。「メディアと宇宙事業を持つ独自性を生かし、革新的なビジネスを創出する」とした。

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は29日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」改定案を決定した。... 宇宙開発が進む米国や中国などに引けを取らない「...

同様の方法で宇宙ゴミを除去する試みは世界初という。... 米倉英一社長は「宇宙ゴミは避けて通れない問題。... 宇宙開発の妨げになる懸念があり、宇宙ゴミ除去のニーズが生まれている。

だが燃料は約15年でなくなり、姿勢制御ができなくなった衛星は寿命を迎えスペースデブリ(宇宙ゴミ)になる。... これまでアストロスケールHDは、宇宙ゴミの低減や除去策として、寿命を迎え故障した人工衛星...

アイネットは宇宙ゴミ除去サービスの事業化を目指すアストロスケールホールディングス(HD、東京都墨田区)に出資した。... アストロスケールHDは2013年創業のスタートアップで、宇宙ゴミ除去サービスの...

【A.宇宙ゴミ・人工衛星の監視】 防衛省が宇宙領域の作戦を担う「宇宙作戦隊」を18日に発足しました。... 主な任務はスペースデブリ(宇宙ゴミ)や、不審人工衛星の監視。... 【A】...

防衛省は宇宙領域の作戦を担う「宇宙作戦隊」を、18日に発足させる。人数は20人規模で航空自衛隊内の1組織として発足、電波妨害や不審人工衛星の監視、衛星の破片などスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視業務を行...

スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を目指すベンチャー企業への投資など、好奇心とモノづくりへの情熱は尽きない。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる