電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

156件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

つなぐ/宇宙開発、産学連携で技術革新 (2024/1/1 科学技術・大学)

政府、宇宙基本計画工程表を改訂 民間の開発促進 投資を好循環 JAXAに資金供給機能が付与されたことで企業や大学などの研究開発が加速し、新たな技術が創出されるきっかけ...

検証2023/宇宙開発 進展と失敗、動き多く (2023/12/21 科学技術・大学1)

原因究明が進むが、今後の打ち上げ計画への影響は避けられない。... 米主導の「アルテミス計画」が進み、日本でも月探査に向けた動きが本格化。... 政府の宇宙基本計画の主軸となる輸送技術の確立に向け、2...

内閣府の宇宙政策委員会は、2024年に予定されていた火星衛星探査計画「MMX」の探査機打ち上げを、26年に2年延期することなどを盛り込んだ宇宙基本計画の工程表改定案を大筋で了承した。23年内に開かれる...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=岸田文雄首相)は13日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「宇宙基本計画」を決定した。3年ぶりの改定で、宇宙利用の拡大や宇宙安...

情報収集体制の構築など 政府の宇宙政策委員会は17日、2023年夏をめどに改定予定の次期宇宙基本計画の原案を公表した。官民で宇宙開発を主導し、宇宙空間の利用拡大や自由なアクセスの維持...

22年12月に公表した宇宙基本計画工程表では「宇宙を推進力とする経済成長とイノベーションの実現」を掲げ、国として宇宙開発を強化する方向性を示した。 ... 24年度にIHIエアロへ打...

昨今、世界の衛星利用は急速に進展してきており、衛星システムを刷新し、競争力強化につながる挑戦的技術・先端技術に取り組む必要性が2020年度の宇宙基本計画改定において示され、「小型技術刷新衛星研究開発プ...

宇宙生活の課題を解決する取り組みだが、宇宙、地上双方の暮らしの改善に役立つ可能性もある。... 月や火星への有人宇宙探査に向けて、長時間の閉鎖環境における生活が宇宙飛行士の心身に与える影響を調べる。&...

小惑星探査や国際宇宙ステーション(ISS)での宇宙飛行士の活動などを通じ、宇宙が身近になってきた。... 20年に、5年ぶりに改訂された宇宙基本計画には、初めて宇宙旅行や宇宙港開港に向...

経団連は宇宙基本計画の実行に向けた提言をまとめた。計画で掲げた宇宙産業の規模拡大への数値目標を達成するには、2022年度の宇宙関係予算の概算要求額を5000億円に近づけるべきだとした。... 宇宙基本...

政府は29日、宇宙開発戦略本部(本部長=菅義偉首相)の会合を開き、宇宙基本計画の工程表改定に向けた重点事項を決定した。

政府の宇宙政策委員会は26日、国の宇宙開発計画実施方針「宇宙基本計画工程表」の改訂に向けた重要事項をまとめた。... 小型衛星の増加などの宇宙空間の混雑化によるリスク回避も強化する。 ...

野口さんが取り付けた架台に、星出さんが新型太陽電池を設置する計画だ。 ... 現在はこうのとりの後継機「HTV―X」の開発を進め、月や火星に有人着陸を目指す米国の国際宇宙探査計画「ア...

三井住友海上火災保険は、宇宙開発ビジネスに投資するファンド「宇宙フロンティアファンド」に出資した。... 政府の「宇宙基本計画」では、現在約1兆2000億円にとどまる宇宙産業の規模について、2030年...

宇宙科学の潜在力を国民に分かりやすくアピールしたい」(冨井哲雄) インタビュー/科学技術担当相・井上信治氏 社会課題解決に「総合知」...

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

民間参画、計画持続のカギ 宇宙は未開拓資源とともに、新たなビジネスチャンスの宝庫だ。国際競争は激化し、米国は月や火星の資源探査を本格化させるアルテミス計画を展開。... 日本も昨年、...

2021予算/宇宙開発、23%増4496億円 (2020/12/28 科学技術・大学)

2021年度の政府全体の宇宙開発関係予算案が20年度比23・1%増の4496億円となることが分かった。... 井上科技相は「宇宙基本計画改定後の最初の政府予算案としてふさわしい力強い結果となっ...

検証2020/アルテミス計画 月探査へ活動本格化 (2020/12/9 科学技術・大学)

2024年にも月面に宇宙飛行士を送る米国の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に日本が参加を決めてから1年がたつ。... また、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「宇宙基本計画」が5年...

政府の宇宙政策委員会は3日、国の宇宙開発計画実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂案を示した。5年ぶりに改訂した「宇宙基本計画」の実行に向けた取り組みの具体化と加速を進める。... 宇宙状況監視...

三菱重工、データ中継衛星の打ち上げ成功 (2020/12/1 科学技術・大学)

宇宙空間での光通信技術「光衛星間通信システム」の開発につながる。 井上信治科学技術担当相は「宇宙基本計画の大きな柱である安全保障強化や基盤技術強化が着実に推進する」と期待を込めた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン