電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

520件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

これは立証も反証も難しく、国会では野党に追及されて文部科学相が直接答えたものの議論は平行線をたどった。... 科学史が専門の隠岐さや香東京大学教授は「大学の中にいると次第に慣れて違和感を覚えなくなる。...

「3号機からは試験機ではなくなり、本格運用となる」と語るのは、文部科学相の盛山正仁さん。

社会構想大学院大、社会教育士養成講座を開講 (2024/4/25 科学技術・大学2)

社会構想大学院大学は文部科学相の委嘱を受け社会教育士養成講座を開講した。... 文科相の委嘱を受けた大学などの教育機関が実施する講習や大学での養成課程を修了すると名乗ることができる。

「現世御利益だけでなく自分のステップアップのために博士を目指すのもいいのでは」と博士号取得を推すのは、文部科学相の盛山正仁さん。

経団連は27日、盛山正仁文部科学相や文科省の幹部を懇談会に招き、博士人材の育成を要請した。盛山文科相は博士人材の採用拡大や処遇向上を経団連に求めた。... 十倉雅和会長と副会長6人...

東京海洋大、進む土地活用 自己財源に工夫 (2024/3/28 科学技術・大学2)

さらに文部科学相の認可取得済み・取得前を合わせて1万5000平方メートルの敷地がある。... 文部科学省は施設整備費補助金だけでなく、大学の自己財源での施設整備を推奨している。

盛山正仁文部科学相は22日の閣議後記者会見で、2026年度の竣工(しゅんこう)に向け海洋研究開発機構が建造中の初の北極域研究船の名称が「みらいII」に決まったと発表...

「被災地の高校生が大学入試で力を発揮できる環境を整える」と力を込めるのは、文部科学相の盛山正仁さん。

文部科学省は科学技術の国際競争力を高めるためにも、解決に向けた政策を進めている。盛山正仁文科相に2024年の方針を聞いた。 ... また若手・女性研究者の活躍促進...

つなぐ/宇宙開発、産学連携で技術革新 (2024/1/1 科学技術・大学)

23年度補正予算では文部科学省と経済産業省、総務省の3省合わせて3000億円を計上した。... 新たな基金を作ることに対して、盛山正仁文部科学相は「基金への指摘は承知しているが、JAXAの持つ専門性や...

鈴木財務相は同日、懸案事項をめぐり、財務省内で各閣僚と調整した。... 盛山正仁文部科学相とは、小学校高学年の教科担任制の強化に必要な教職員定数として2050人を措置することで合意した。... 木原稔...

「博士課程の魅力を可視化し、活躍を後押ししたい」と語るのは、文部科学相の盛山正仁さん。

量研機構、核融合実験炉の運転開始式典開く (2023/12/4 科学技術・大学)

【水戸】量子科学技術研究開発機構は那珂研究所(茨城県那珂市)に建設した核融合実験炉「JT―60SA」の運転開始記念式典を開いた(写真)。... 式に...

きっと喜ばれると思う」と語るのは、文部科学相の盛山正仁さん。

「大変ありがたいこと」と感謝するのは、文部科学相の盛山正仁さん。国立科学博物館が実施したクラウドファンディング(CF)が目標額を大幅に超えた。

産業春秋/高専生は人“財” (2023/10/17 総合1)

盛山正仁文部科学相は弊紙のインタビューに「半導体などの先端技術や起業に向けた教育を進め、高専生が世界で活躍できる人材になることを期待する」と語った。

同日行われた開所式で、盛山正仁文部科学相は「ラボでの民間企業や教育機関の協働によりイノベーションを創出し、よりよい社会がつくられることを期待する」と述べた。

「文部科学省では研究・開発の評価に関する指針を示している。... 「原子力に関しては科学技術の成果を通じて施設の新設・廃炉を着実に進め、人材育成も強化したい。核融合は次世代のクリーンエネルギーとして注...

「日本人がノーベル賞を受賞するのを期待している」と力を込めるのは、文部科学相の盛山正仁さん。

岸田再改造内閣、閣僚の抱負 (2023/9/15 総合2)

世界が注目する成果創出 盛山正仁文部科学相 第2次岸田再改造内閣が14日、本格始動した。盛山正仁文部科学相は同日の就任会見で、スーパーコンピューター「富岳」などの先...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン