電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

11件中、1ページ目 1〜11件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.061秒)

新成長へ離陸 航空機産業(7)住友精密工業社長・高橋秀彰氏 (2019/10/3 機械・ロボット・航空機2)

高橋秀彰社長率いる新体制には、この間に組織や企業風土を立て直し、再始動の土台を作ることが求められる。

40年には3000億円を視野に入れますが、成長軌道をどう描きますか。 ... 新工場では自動搬送システムなど自動化・省人化技術を活用し、世界最高レベルの生産性を追求する。... 同エ...

当時のベンチャー精神を思い出し、将来成長につながる新事業を作りたい」 ―どのような製品を想定していますか。 ... 拠点に投資して生産効率を引き上げたり、将来に向け...

目視や打音などの官能検査が多く、古い検査手法の継続、計測器がアナログ信号といった課題もある」 ―新技術の開発は。 ... 各当局への新技術登録は早くて3―5年かかる...

「新防衛大綱で次世代戦闘機は“日本主導で、早期に開発に着手”と明記されており、それに期待している。

推力15トン達成、追い風に ―欧エアバスの単通路型機用エンジン「PW1100G―JM」の生産が活況です。 「生産台数は2018年の660台に対し、19年は730台を...

将来訪れる成長期に向け、雌伏の時だ。2020年以降は新興国をはじめとした新旅客機需要で堅調な成長が見込める。防衛関係では新防衛大綱が制定され、対応する装備品開発が急務だ。

水面下の引き合いは多く、アジアを中心に新市場を開拓する」 ―量産に向けた投資計画は。

埼玉県に新工場を計画します。 ... 国内新工場を計画しており埼玉県は有力候補の一つ。19年度稼働を目指すが、装置の納入リードタイムが長期化しており、差し当たり瑞穂工場(東京...

新中型機構想『NMA』には間に合わないかもしれないが受注を目指す。... 本社の技術開発本部と連携してデジタル化を進めており、成果をKPSに反映するなど航空機の事業にも水平展開する」 ...

■英航空ショーで飛行展示 旺盛な旅客需要に支えられ、成長を続ける航空機産業。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン