電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

894件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

英豪リオ、低炭素製鉄技術を35年事業化 バイオマス活用 (2024/7/17 素材・建設・環境・エネルギー)

26年に稼働する豪州の実証プラントで技術開発を進め、さらに大規模な実証設備で技術の有効性などを検証する。... 新設備では、1時間当たり1トンの還元鉄を製造する。 今後、26年の稼働...

大手は新技術の開発や自動化にも余念がない。ダイキン工業は火炎を使わないロウ付けの新設備を開発し、三菱電機は室内機の熱交換器のガス漏れ検査を自動化した。... 火炎レスのロウ付け設備は今後、中国などの工...

タキロンシーアイ、兵庫に研究開発新拠点 26年4月稼働 (2024/7/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

新研究所は2階建てで、延べ床面積は8838平方メートル。... 研究設備は既存の設備を移設するほか、新設備も購入する。 ... 新研究所では主に新技術の研究開発を担うこととし、製品に...

伸商機工、新本社工場を稼働 (2024/7/9 東日本)

【長野】伸商機工(長野県須坂市、宮川岳洋社長)は、同市内で新本社工場を稼働した。... 旧本社から加工設備などを移転したほか、新設備としてレーザー加工とパンチ加工の...

新設備では反応器の温度が高くなり過ぎないように調整しながらも、排熱を脱硫に活用する計画だ。また、回収したCO2に不純物が混ざっていることが分かり、それも新設備に生かした。 その新設備...

ジーアクト、5軸MCで効率化 光学機器部品の生産2倍 (2024/6/14 機械・ロボット・航空機)

新設備の稼働を弾みに、医療機器の部品加工など新分野の受注につなげる。 ... 今後は新設備の習熟度を高め、工程集約や5軸加工、自動化を前提にして社内の治具の設計製造技術や加工プログラ...

オオツカハイテックは従来、小型部品の製造や研磨を中心に手がけていたが、より利益率の高い大型部品に軸足を移しており、今回の新機種導入もその一環となる。

このため、現地工場にマシニングセンター(MC)や放電加工機など新たな生産設備を導入した。... 25年度中に50%を目指しており、設備投資を続けて競争力を強化する方針だ。...

富士フイルム和光純薬(大阪市中央区、吉田光一社長)は、大阪工場(兵庫県尼崎市)で増強した医薬品製造用原料生産設備を稼働した。医薬品製造品質管理基準&...

経営ひと言/日本板硝子・細沼宗浩社長「欧州減速を注視」 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

25年3月期の同事業については、アルゼンチンの新フロート窯稼働に伴う南米向けや日本市場向けは堅調とみる。... マレーシアの新設備が23年12月から生産を始めた。

東ソー、分離精製剤7割増産 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

東ソーは四日市事業所(三重県四日市市)にバイオ医薬品などの製造工程で使われる分離精製剤の製造設備を新設する。... 同社では南陽事業所(山口県周南市)の新設備が7月に完...

住友金属鉱山は東予工場(愛媛県西条市)とニッケル工場(同新居浜市)内に、使用済みのリチウムイオン二次電池(LiB)などから銅や各種レアメタルを回収するリ...

不二製油、米のチョコ工場閉鎖 収益性が悪化 (2024/3/26 生活インフラ・医療・くらし)

設備の老朽化による生産性の低迷に加え、カカオ豆関連のコスト増などがのしかかり収益性が悪化していた。... 特にカナダのキャンベルフォード工場では約90億円を投じて27年3月期から新設備を稼働させ、生産...

新設備は主に車載ディスプレー向けで稼働する。 ... 新設備は従来設備より大型で、1台当たりの生産能力が1・5倍になる。... 今後、従来設備でもインライン化を進める。 &#...

直江津工場(新潟県上越市)に新設備を導入する計画で、2026年春の完成を目指す。 ... 信越化学は今後の継続的な需要増を見込んでおり、設備増強で対応する。

アキレス、軟質ポリウレタン倍増 低環境負荷の新設備 (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

アキレスは滋賀第二工場(滋賀県豊郷町)に、軟質ポリウレタンフォームの生産ラインを増設した。同工場におけるフォームの生産能力は2倍以上になる見込み。試験運転を開始し、2月上旬以降段階的に...

これら部品の生産設備を同工場に導入し2024年後半に稼働する計画。... 新設備の導入に伴い、現地で約35人の追加雇用を見込む。 将来は、建設中の第二工場にも生産設備を導入し一段と増...

日立造船系、舶用エンジン設備増強 熊本・長洲町と立地協定 (2024/1/31 機械・ロボット・航空機1)

このほど長洲町と、設備増強に関する立地協定を結んだ(写真)。新設備は2月に着工し、7月から順次稼働を始める。... 今回の投資ではメタノールとLNGの燃料供給装置や貯蔵タンク、脱硝技術...

王子HD、SAF設備に43億円 鳥取・米子で稼働 (2023/12/25 素材・建設・環境・エネルギー)

木材パルプ由来のエタノールを国内最大規模の年1000キロリットル、糖液は年3000トンの能力を持つ設備を導入する。... 同実証製造設備ではパルプを糖化・分離し、SAFやバイオマスプラスチック向けエタ...

中興化成、長崎に新棟 半導体装置向けフッ素樹脂製品生産2倍 (2023/11/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

市内の複数工場に分散する工程を集約し、効率化するとともに新設備の導入で増強する。... 新棟は「F1イーストウィング1」として11月に竣工した。... すべての設備と工程が整う24年6月以降に、生産能...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン