電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

475件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.095秒)

愛知県、WRS記念シンポ 7月に開催 (2024/5/16 機械・ロボット・航空機1)

問い合わせは愛知県経済産業局産業部産業振興課次世代産業室ロボット産業グループ(052・954・6352)へ。

シルクテキスタイルや脱炭素、アニメやゲームなどのコンテンツ産業といった海外の関心が高いテーマを設定した。24年度の「産業創造リーディングゾーン推進事業」は2月の補正予算を含め、5億1785万円を計上し...

それを踏まえ県は、2024年度予算で次世代産業として期待されるロボットや再生可能エネルギーなど成長産業の育成に重点的に取り組む。 ... こうした状況を県の次世代...

食品製造業や窯業での産業用ロボットの導入、物流分野におけるピッキングや搬送ロボットでの自動化、医療・介護現場での介護ロボットやリハビリ支援ロボットの活用、荷物搬送やインフラ点検業務に飛行ロボット...

県内経済の持続的発展と雇用確保、ゼロカーボン推進のため、次世代産業分野やゼロカーボンに取り組む企業、女性や若者に選ばれる企業などの集積を促す。... こうした産業集積強化推進に21億2100万円を計上...

サービスロボ、街を駆け回り任務 愛知県が3領域で実証 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機2)

愛知県次世代産業室の浅野公輔主事は「今はまだロボットが外を走行している場面は珍しく、ロボットを見るために人が近づき、ロボットが減速せざるを得ない状況になる」と認識。

部品の貸し出しや切断・加工に伴う手続きなどの問い合わせは、県産業イノベーション課次世代産業振興室(023・630・2358)へ。

次世代産業の育成では「水素海外展開チャレンジ事業」を新たに始める。

自動車産業が集積する地で次世代産業のモデル都市を目指す。

医療機器・情報人材を育成 神戸大学が次世代産業育成や人材輩出に関する取り組みを加速している。... 神戸医療産業都市(KBIC)においても医療機器...

産業振興関連予算は同15・4%減の693億4900万円。... また、次世代産業の育成に8億円の予算を付けた。

一方、スタートアップの創出や誘致の関連予算を128億円に拡充して県内産業を強固にする。 ... 次世代産業の育成では17億600万円を用意し、次世代バッテリーの研究・実証や自動運転の...

産業関連では次世代産業分野や、ゼロカーボンに取り組む企業、女性・若者に選ばれる企業の集積を目指す産業集積強化推進に前年度当初予算比13・3%増の21億2100万円を計上。... 産業関連の新規...

冒頭にあいさつした近藤洋介米沢市長は「今後の産業立地に向けて新たな構想を固め提示していきたい」とし、一段の米沢への立地を呼びかけた。 セミナーでは、進出企業であるインテグリス・ジャパ...

四足歩行警備ロボ駆ける! 愛知県など、中部空港で実証 (2024/1/23 生活インフラ・医療・くらし)

愛知県の江尻和聡次世代産業室長は「現在はロボットの価格が高い。

オープンイノベーションの機運が年々高まる中、革新的なビジネスモデルで急成長を目指すスタートアップへの出資を通し、次世代産業や新市場を追っているVCと接点を作り、情報のキャッチアップ(追い上げ&...

県次世代産業室の中野秀紀室長補佐は「実証実験する事業者と警察などが打ち合わせする際には県が口火を切るなど積極的に支援している」と語る。

経済産業大臣賞にトヨタ自動車の「安心降車アシスト(ドアオープン制御付き)システムの開発」を選定した。... 【中小企業庁長官賞】▽魁半導体(京都市下京区)「プラズマによ...

機体認証や技能証明などの制度を学ぶ座学は2024年1月22日にウインクあいち(名古屋市中村区)で定員40人、操縦士試験の実技の模擬体験は同23日にとよはし産業人材育成センター(...

JFE、川崎の高炉跡地で空飛ぶクルマ実証 水素基地と併せて整備 (2023/9/8 素材・建設・環境・エネルギー)

厚板工場などを除く、川崎市川崎区の約222ヘクタールが対象で、コンセプトは「脱炭素」「次世代産業育成」「首都圏防災」の3都市形成だ。 ... 高炉跡地は最先端インフラを備えた共用空間...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン