41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

『失敗の本質』は、属人性と官僚型組織原理に依存し、リーダーが現実を直視できず、学習棄却(かつての知識を捨てた上での学習)が進まず、戦局の転換に柔軟に対応できない日本人組織の特性を指摘したものである。&...

内需主導の経済成長を果たしていく上でも、競争力と生産性を向上させる改革開放に努めなければならないからだ。 ... 一方で、最大の難関になりそうなのは、今の習政権に根強い「共産党が市場...

通信機器などではない通常の財をも安全保障上の懸念と結びつけられる傾向は今後とも続く。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ...

復縁は期待薄、持久戦にらむ いよいよ米国大統領選があす(日本時間3日)に迫った。次期大統領はすんなりと決まらない可能性が高いという。最悪の場合、年を越しても次期大統領が決まらない事態...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修了。

最も深刻な変化は、民主主義体制の上にもたらされた。... 「下からの報告」と「上からの指導」というタテ1軸の統制は、下による情報の隠蔽(いんぺい)や過剰な忖度(そんたく)といった歪んだ行動を生む。

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修了。

中国、台頭する危うい高揚感 米国が矢継ぎ早に対中制裁措置を繰り出している。7月だけでも、香港の自治侵害や新疆ウイグル自治区の人権侵害に関わった関係者や金融機関への制裁、「中国共産党の...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修了。

長引く耐乏、手探りの新常態 中国は厳重な封じ込め措置を採って新型コロナウイルス肺炎の蔓延(まんえん)を抑え込んだが、払った代償は大きかった。第1四半期の国内総生産(GDP)は前年同期...

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修了。

民意や上の顔色を気にするせいで、相手国に顔が向いていないという批判は説得的だ。

(次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院修了。

そこで日本国際問題研究所客員研究員(現代中国研究家)で、日刊工業新聞の提言企画「講壇」執筆者である津上俊哉氏による、特別寄稿「『コロナ・パンデミック後の世界』三景」を掲載する。   ...

上からの叱責(しっせき)を恐れる抑圧的な官僚機構が犯しがちな過誤であり、貴重な時間を浪費した罪は重い。

だが、それらはあらゆるものの上に共産党が存在する異形の体制下にあるからだ。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ ...

日本はこの新型肺炎問題を「上から」ならぬ「外から目線」で見ているが、感染が日本国内に広がれば「日本も内側」と見られ、日本人も海外で「入国禁止」処分に遭うことになる。

経済評論家の津上俊哉氏は米中の対立や新型肺炎など不安定な状況で起こりうる負の影響を指摘。

一方、エネルギー需要は石炭による火力発電に長らく依存してきたが、EUの環境政策との調和の上で再生エネルギーや原発導入を迫られている。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上...

米中、ほころびる信用秩序 過日出演した民放のBS番組は、「米国の金融バブル崩壊が近い?」という問題提起から始まった。足元の米国の株価が歴史的に維持困難な水準を大き...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる