146件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.034秒)

2050年カーボンニュートラル目標と整合的で、野心的な30年の温室効果ガス削減目標(13年比で46%削減、50%の高みに向けて挑戦)の達成に向けて、再生可能エネルギー(再エネ)を30年に総発電量の36...

ガソリン車で温室ガスゼロ 2020年10月、菅義偉首相は2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)宣言をした。今春には30年度の温室効果ガス削減目標として「13年...

原発の稼働状況がはっきりしない中、30年の温室効果ガス削減目標を実現できるのか。... エネ業界の反応 原発の技術継承が宙に/水素シフトに光明 電力業界は政府が30年の温室効果ガス排...

脱炭素経営が求められる背景の解説から希望する企業には、パリ協定水準の中長期温室効果ガス削減目標「SBT(サイエンス・ベースド・ターゲッツ)」策定まで一気通貫で実施する。... 足元では大企業を中心にカ...

アイシンは、2030年度に生産に関わる二酸化炭素(CO2)の排出量を13年度比5割以上削減する目標を設定した。従来、同目標は同35%以上としていたが、政府の新たな温室効果ガス削減目標を踏まえて引き上げ...

50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向け、機械・部品を少ないエネルギーで製造するノウハウをモデル化し、顧客への提案も視野に入れる。 ... 政府は4月、3...

ヤマハ、本社事業所の購入電力を再生エネに CO2年4700トン削減 (2021/5/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

年間で約4700トンのCO2排出量削減を見込む。 ... 同社グループのCO2などの温室効果ガス削減目標が、WRI(世界資源研究所)などが設立した国際的な環境団体であるSBTイニシア...

ANAホールディングスは、ESG(環境・社会・企業統治)経営強化の一環として環境目標を刷新した。... これまでの目標は50年度までに05年度比で半減させるとしていたが、日本政府の温室効果ガス削減目標...

【名古屋】ジェイテクトは28日、2040年にグループ全体でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を達成する目標を明らかにした。... これまでジェイテクトは、50年の達成目標を掲げていたが...

ディーゼル車規制や温室効果ガスの排出量取引といった先進的な都の環境政策を担ってきた同氏の目に、脱炭素化をめぐる国内外の情勢はどう映るのか。... ―2030年までの新たな温室効果ガス削減目標について国...

天然ガスに転換徹底 ガス協会新会長が抱負 (2021/4/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本ガス協会は22日に都内で会見を開き、4月1日に新会長に就任した本荘武宏氏(大阪ガス会長)が「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け、徹底した天然ガスへの転換や高度利用で目標達成に...

デンマークやオランダなど欧州連合(EU)加盟9カ国は、欧州委員会に対し、交通分野での温室効果ガス削減目標達成に向け、EU全体でガソリン車とディーゼル車の新車販売期限を設定するべきだと文書で申し入れた。

日本はパリ協定での2030年の温室効果ガス削減目標26%(13年度比)のうち2%を森林吸収分で確保する方針だ。 ただし森林を放置すると樹木が老化し温室効果ガスの吸収力が落ちる。

温室効果ガス、削減目標策定へ オリックスは長期的視野に立って経営戦略を進める。... 航空機は古い機種や(双通路の)ワイドボディーは環境問題で淘汰(とうた)されるが、人の移動自体はな...

経済同友会が再生可能エネルギー普及に向けた提言で野心的な数値目標を掲げた。... 原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張...

THIS WEEK (2020/2/24 総合2)

24日(月)友引 振替休日 ■政治・経済 ▽国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が来日(28日まで) 25日(火)先負 ■政治・経済 ▽1月の企...

ソニーやパナソニック、リコー、富士通、NTTドコモなど142社が参加する「気候変動イニシアティブ」は4日、温室効果ガス削減目標の強化を求めるメッセージを発表し、環境相や経済産業相などに提出した。11月...

みずほ情報総研(東京都千代田区)は2月17日13時30分から、フォーラム「金融の脱炭素化目標とそのインパクト」を開く。... 金融機関の温室効果ガス削減目標とパリ協定との整合を認定するルールづくりの現...

スペインで開かれたCOP25では、議長国・チリが各国に温室効果ガス削減目標の引き上げを求める成果文書案を示したが、異常気象の被害を受けている島しょ国などが「表現が弱い」と反発。... 他国の排出削減に...

他業界と比較して高得点の企業がある一方で、温室効果ガス削減目標を設定する企業が少なかった。 WWFジャパンは2018年発行の報告書の情報を基に、温室効果ガス排出削減の「目標と実績」「...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる