電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

名古屋大学の山内悠輔卓越教授と浜田崇特任准教授、早稲田大学の江口美陽准教授らは、準安定相の多孔質半導体を常温で合成する手法を開発した。準安定相は不安定だが優れた物性を発揮する。... テルル化合物は加...

東北大、コバルトマンガン鉄合金発見 (2023/6/14 科学技術・大学)

コバルト・マンガン合金にわずかに鉄を加えて体心立方型の準安定相を作ることに成功した。

鉄とマンガンを添加し、結晶相を安定化させた。... アルミは鉄を添加すると準安定相になり、マンガンがこれを安定化させる。準安定相では微細な組織構造をとるため強度が上がる。

そこで結晶構造の歪みを抑えた準安定相のリチウム鉄酸化物を合成した。ボールミルのように機械的に衝突するエネルギーを活用して温度を抑え、低温で生じる結晶相を合成する。準安定相物質で電池を構成すると容量は1...

五酸化三チタンは光刺激で最安定相のベータ型と準安定相のラムダ型の間で結晶構造が切り替わる。... ラムダ型は大きな刺激があると最安定相に変化する準安定相。今後、最安定相と準安定相の性質の差やスイッチン...

ただ、このサマリウム鉄コバルト化合物は不安定な準安定相だった。

東大、「ゼオライト」合成法を開発 (2019/10/10 科学技術・大学)

ゼオライトなどの熱力学的にエネルギーの高い準安定相の材料は、生成過程で速度論的な要因を大きく受ける。

-用途の高機能化に応える-溶射技術 (2018/9/21 特集・広告)

溶融した粒子は衝突時に急冷されることから、溶射被膜は、準安定相など急速凝固特有の微細組織を呈する。... また、溶液系の溶射では、プラズマ中で微粒子を溶液から生成させて吹き付ける液相前駆体溶射も開発さ...

また、無容器で材料の過冷凝固を行うことにより、通常の凝固では得られない準安定相や微細組織の実現によって、革新的な工業成果の萌芽(ほうが)となる新機能材料の発見が期待されると聞いています...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン