電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,612件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

新エネルギー車(NEV)の拡大に加え、コスト優位性や現地生産戦略、デザイン、高度技術の実装などが競争力となる。... 主要な輸出市場で電気自動車(EV)モデルの組み立て...

すなわち、市場としての魅力と生産拠点としての魅力だ。 ... 同社は19年に無停電電源装置(UPS)で現地トップの企業を買収し、22年には既存のイ...

生産終了後は部品工場として活用する。... ホンダは年27万台の生産能力を持つが、23年の生産実績は輸出分を含めて14万7000台と低迷していた。 タイではSUBARU(スバ...

現地での拡販に先立ち、高電圧システムを取り扱えるエンジニアの教育も始めた。 ... 三菱ふそうのアンドレアス・ドイシュレ海外販売・カスタマーサービス本部長は「現地の政策、充電環境、顧...

アズビル、タイ工場に再生エネ 芙蓉リース系から購入 (2024/7/1 機械・ロボット・航空機2)

現地生産子会社のアズビルプロダクションタイランド(チョンブリー県)が、このほど芙蓉総合リースが出資する合弁会社のSSGTと太陽光発電によるPPA(電力購入契約)を結んだ...

三ツ知、インドで締結部品生産 26年に新工場 (2024/6/18 自動車・モビリティー)

現地企業と合弁設立 【名古屋】三ツ知はインドで自動車向け締結部品の現地生産を始める。... 同じ締結部品を生産しているが、自動車に搭載する際は用途が異なるため、事業におけるシナジーや...

さらに約40年にわたって米国で清酒の現地生産を続けているのも強みだ。... 火入れ(加熱)と割り水(加水)をしない生原酒は賞味期限が短く流通が難しいため、現地に生産拠点...

PEGASUS、メキシコに車部品工場 鋳造で複雑形状対応 (2024/6/11 自動車・モビリティー)

品質の安定化とともに、生産性向上にもつなげる。 ... 生産設備の増強や鋳造・機械加工の省人化、自動化、製品ラインアップの強化などを進める考えだ。 ... 欧州での...

スズキ、タイ工場を閉鎖 (2024/6/8 総合1)

世界生産体制の見直しの一環。12年の現地生産開始後、ピーク時は輸出分を含め年間6万台を生産していたが23年度は同7579台にとどまっていた。... SMTの生産車種は小型車「スイフト」など。

牧野フライス製作所の永野敏之専務は「基本的に日本からの輸出が現地生産よりも多く、どちらかと言えば円安の方がいい」とする一方で「アジアにも工場があり、そちらの製品には決して追い風ではない」との認識を示す...

国は現行生産車で不正があった3社に対象車種の出荷停止を指示した。... 輸出や現地生産など間接的に影響を及ぼす可能性が高い」とみる。 ... 再開については見通せず生産計画も白紙だと...

【福山】リョービはメキシコで自動車向けダイカスト部品の生産能力を増強する。... 新たに大型ダイカストマシン5台を導入し、現地生産能力を25%増強する。

一方、フィリピンでは米国向け輸出の中継国として「日本や中国系企業による現地生産に伴う引き合いが多く見られ、実際に動いている」という。

共和レザー、印に合弁 内装品向け合成皮革販売 (2024/5/29 自動車・モビリティー)

当面は日本から合成皮革を輸出し、28年3月期以降に現地生産を検討する。... 現在、インド国内では合成皮革を生産していないため、クリシュナはパートナーとなる日本企業を探していた。 ....

対象技術について現地生産や現地企業への生産委託、ライセンス供与などを実施する場合は事前報告を求める。

【奈良】GMBは自動車の電動化対応や海外生産の拡大などを柱とする3カ年の中期経営計画を始動した。... 電動ウオーターポンプや統合熱管理モジュールなど冷却系部品を中心に、電動化対応製品の研究開発と生産...

ミナミダ、冷間鍛造強化 トヨタ系狙い愛知に拠点 (2024/5/27 自動車・モビリティー)

鍛造による工法変換、工程集約で切削や溶接などの工程を省いてコスト低減できる点や、海外現地生産にも対応できる点をアピールしてトヨタ系との関係強化、国内での生き残りにつなげる。 ... ...

シデカス、海外攻勢 米でナッツバー販売 (2024/5/20 生活インフラ・医療・くらし)

マレーシアでもペーストを使った食品の製造を検討しており、夏ごろまでに工場生産ラインの試運転開始を目指す。 ... マレーシアではニンジャペーストを使った製品を現地生産する協力工場にめ...

供給網や製造工程最適化 IT活用で生産性向上へ フジテックの原田政佳社長は15日、都内で会見し、2029年3月期までの5カ年の中期経営計画で営業利益を現在...

インタビュー/ACSL社長・鷲谷聡之氏 成長へ正念場 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機2)

24年は、米国と台湾、インドの合計売上高が日本とほぼ同程度になる見込みだ」 ―米国での現地生産の可能性は。 ... 円安メリットはあるが、ドローンは基幹部分に米エヌ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン