電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

11件中、1ページ目 1〜11件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

低コストな結晶成長法を開発した。 ... 融液成長でのコスト削減は必須だった。「結晶成長を基点にブレークスルーを起こしたい」と力を込める。

東北大学の吉川彰教授と東北大発ベンチャーのC&A(仙台市青葉区、鎌田圭社長)は、イリジウムるつぼを使わない酸化ガリウムの結晶成長法を開発した。.....

この問題解決のため、情報通信研究機構(NICT)は、エピタキシャル成長と呼ばれる結晶成長法を用いた窒化物超電導量子ビットを開発した。

このプロジェクトでは、脳磁計などの超高感度磁気センサーと微小空間核磁気共鳴(ナノ空間NMR)に利用できるダイヤモンド結晶成長をターゲットとしている。結晶成長法には、ガスを原料とする気相...

東京大学のレ・デゥック・アイン助教と田中雅明教授らは、インジウム・ヒ素半導体結晶の中に鉄原子を平面に並べた単結晶超格子構造の作製に成功した。... インジウム・ヒ素の単結晶中に鉄ヒ素の原子層を低温分子...

挑戦する企業/日本ガイシ(6)矢継ぎ早に新製品 (2019/5/28 素材・医療・ヘルスケア)

独自の結晶成長法で欠陥が少ない。

これはVLS法という気相、液相、固相の物質の3体を利用した結晶成長法で作るシリコン(Si)柱を芯とする刺入型神経信号計測電極だ。 ICチップ上にシリコンプローブ...

SiC下地基板は、シリコン(Si)基板上に3マイクロメートル(マイクロは100万分の1)程度の立方晶(3C)系SiC層をエピタキシャル成長法という結晶成...

分子線エピタキシャル成長(MBE)という結晶成長法を使って、ホウ素を高濃度にドープしたバリウムシリサイドのp+層を製膜した。... バリウムシリサイド太陽電池は、資源量が豊富に...

今回、分子線エピタキシーという結晶成長法を用いて、希土類元素の一つであるセリウムを含む化合物の人工超格子を作製。

これまでの気相―液相―固相(VLS)結晶成長法ではアレイの変換効率が0・1%と低かった。... 結晶欠陥や不純物を除き、変換効率を上げることができるという。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン