320件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

物質・材料研究機構(NIMS)の超鉄鋼プロセスでは、材料の温間域(融点以下、再結晶温度以下。

融点が約660度Cのアルミニウムを約200度Cの低温かつ約1秒の短時間で接合できる。

軽量で、融点以上でも液体にならず固体形状を維持するため、収容する容器も不要。

低灰融点の亜歴青炭を使用し、CO2排出量はUSCの13%減だ。

引退新幹線アルミ再生、「N700S」内装部品材料に JR東海 (2020/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

一方でアルミは融点が低く、溶解で簡単に再利用可能で、再生時のエネルギー消費は精錬時に比べて約97%少なく済む。

【名古屋】ニイミ産業(愛知県春日井市、新美良夫社長、0568・81・8461)は、高周波誘導熱プラズマ法により金属3次元(3D)プリンター用の高融点金属粉末を球状化する新規事業を立ち上げた。... 鉄...

フッ素樹脂の成形・加工 (2020/5/15 特集・広告)

融点は327度Cで、これ以上の温度ではゴム状の弾性体となる。

常磐共同火力、勿来の25万kWIGCC停止 54万kW稼働へ (2020/5/11 建設・生活・環境・エネルギー)

9月に商用運転を始める勿来IGCCには米国から低灰融点のパウダーリバー炭の第1弾が小名浜港へ入荷。

銅配管に比べ融点が低く、加熱処理に課題があるアルミ冷媒配管のロウ付け接合の要領などを取りまとめた。

ニュース拡大鏡/石炭ガス化複合発電、いわき市に54万kW機 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

石炭は米国西部のパウダーリバー産で、低灰融点・低カロリーの亜歴青炭の調達を4月から始める。

モノづくり現場・エレクトロヒート技術最前線(7)リコー (2020/3/10 機械・ロボット・航空機2)

低温で画像を紙に定着させる(低融点化)ことができ、省エネと高画質の両立を図った重合トナーを生産する。

アスペクト、フッ素樹脂の3D造形 粉末積層方式で提案 (2020/2/13 中小・ベンチャー・中小政策)

PFAは融点が305度Cと高いため、260度Cの高温で連続使用できる。

開発した生体用ハイエントロピー合金は既存合金より約300度C、融点が低下するため、効率的な合金作製に結びつく利点がある。

東レ、高融点ポリアミド真球化 3D造形物向け実用化 (2020/1/28 素材・医療・ヘルスケア)

東レは27日、融点が高いポリアミド(PA)6やPA66を、簡便にマイクロレベルの真球粒子にする技術を創出したと発表した。... 多くが低融点のPA12を用いた不定形状の粒子であり、3Dプリンターを用い...

PPSポリマーの誘電特性などは維持しつつ、融点に近い温度でも変形しにくい寸法安定性を持つ。

【大津】日本電気硝子は鉛フリーで、融点が380度Cと低く、耐熱性の低い電子部品のICパッケージの封止に使える低融点粉末ガラス(写真)を開発した。... 最適比率で三酸化モリブデンを付加し、低融点でかつ...

ダイヘン、アルミ・鋼板の異材溶接装置 年明け発売 (2019/12/3 機械・ロボット・航空機1)

ただ融点や熱伝導率といった材料特性が違うことから、溶接による接合が困難とされていた。

豚のストレス、焼酎粕で緩和 キリンが飼料に活用 (2019/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

ロースとヒレの両方でオレイン酸が増加しており、融点が低いことから口溶けが良くなるという。

アルミ自体の融点が低くロウ材との融点も近いため加熱しすぎるとアルミ材自体が軟化し形状が変わり不良品となる。

マルイ鍍金、ニオブ製計量スプーンをネット販売 (2019/10/10 中小企業・地域経済1)

ニオブは融点が2477度Cと高く耐食性があるため、高温の場所や取り扱いが難しい薬剤や試薬の取り出しに使える。 ... 融点が高く金属アレルギーを起こしにくいニオブの可能性に着目してい...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる