電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

東京大学や産業技術総合研究所などの研究グループは、超短波帯で応答する有機トランジスタを開発した。... FMラジオ放送などで使われる超短波長帯を利用して長距離無線通信できるICタグを、有機トランジスタ...

05年、総務省がUHF(極超短波)帯無線ICタグの実用化を認可すると、すぐに同帯域を使った位置管理システムの開発に着手。

凸版印刷はセルフレジ端末など複数の利用方法に対応した極超短波(UHF)帯の小型ICタグを開発した。... タグ同士が接近していても安定して読み取りが可能なUHF帯を採用することで多用途...

富士通フロンテックは金属・非金属に張り付けるUHF(極超短波)帯の超小型無線識別(RFID)タグを10月末に発売する。... 従来はUHF帯の電波が金属で乱反射して識別...

新製品はVHF(超短波)帯のみを伝送する集合住宅の共同受信施設に対応し、ケーブルのはりかえなど大規模な改修が不要になる。

「ICカードの『フェリカ』など通信距離が数十センチメートルのHF帯のRFIDは順調だ。苦戦しているのは通信距離が長く、一度に大量の処理を行うUHF(極超短波)帯のシステム。... バー...

特に950メガヘルツ帯を使用するUHF(極超短波)帯のRFIDタグは、13・56メガヘルツなどの他周波数帯のものと比べ通信距離が長いことと、タグの構造が単純なため低コスト化が可能である...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン